# スターターアプリを試してみる

Android向けのLINEログインスターターアプリを実行すると、AndroidアプリでLINEログインがどのように動作するかをすぐに理解できます。

# 前提条件

スターターアプリをビルドして実行するには、以下が必要です。

# 定義済みのサンプルチャネルを使ってスターターアプリを試してみる

LINE株式会社が提供するサンプルチャネルを使ってスターターアプリを試すには、以下の手順に従います。

  1. LINE SDK for Androidのオープンソースリポジトリ (opens new window)をクローンします。

    $ git clone https://github.com/line/line-sdk-android.git
    
  2. Android StudioでLINE SDKプロジェクトを開きます。

  3. プロジェクトをビルドし、AndroidデバイスまたはAndroid Emulatorを使用してアプリを実行します。

メイン画面の[Channel ID]フィールドには、スターターアプリのサンプルチャネルID1620019587が読み込まれます。

# 自分のチャネルを使ってスターターアプリを試してみる

スターターアプリを、自分のチャネルにリンクすることもできます。チャネルを作成していない場合は、LINE Developersコンソールで作成します。チャネルを作るときは、プロバイダーを選択または作成してください。

作成したチャネルに、スターターアプリをリンクするには、以下の設定を行います。

  • LINE Developersコンソールで、「アプリをチャネルにリンクする」に従って設定を行う。
  • Androidプロジェクトで、Androidパッケージ名を自分のチャネルに設定した名前に変更する。
  • スターターアプリのメイン画面に、自分のチャネルのIDを入力する。

最大で3つのチャネルIDをスターターアプリに保存できます。メイン画面の[Settings save slot]ラジオボタンの1つを選択して、[Save]ボタンをタップします。

Androidアプリ設定

# スターターアプリを実行する

AndroidデバイスまたはAndroid Emulatorを使用してスターターアプリを実行します。初回ログイン時に、アプリがプロフィール情報にアクセスすることを許可する必要があります。

# [Log in with LINE]ボタンを使う

緑色の[Login with LINE]ボタンをタップし、アプリ連携ログインを使ってログインします。これはLINE SDKに組み込まれているログインボタンです。

デバイスにLINEがインストールされていて、ログイン済みである場合は、LINE認証情報を入力せずに自動的にスターターアプリにログインできます。そうでない場合は、デバイスのブラウザにログイン画面が開きます。ここでは、LINE認証情報を入力する必要があります。

# [Sign-in]ボタンを使う

Sign-in]ボタンをタップし、ボットプロンプトのオプションとスコープを指定してログインします。ログイン結果が画面の下半分に表示されます。

# LINE SDKの機能を試す

アプリにログインした後で[APIs]ボタンをタップして、LINE SDKの以下の機能を試すことができます。

  • ユーザーをログアウトする
  • アクセストークンを更新する
  • アクセストークンを検証する
  • 現在のアクセストークンを取得する
  • ユーザープロフィールを取得する