# (チュートリアル4)Messaging APIのチャネルを作成する

ボットを利用してユーザーとメッセージをやり取りするために、Messaging APIのチャネル、ボットのLINE公式アカウントを作成します。

# Messaging APIのチャネルおよびボットを作成する

LINE Developersコンソールで、Messaging APIのチャネルを作成します。なお、Messaging APIのチャネルを作成すると、自動的にボットのLINE公式アカウントが作成されます。

  1. LINE Developersコンソールにログインし、CLOVAスキルのチャネルを作成したプロバイダーをクリックします。

  2. [新規チャネル作成]>[Messaging API]の順にクリックします。

  3. チャネルを設定します。

    項目 説明
    チャネルアイコン Messaging APIの認可画面に表示される情報です。[登録]をクリックして、画像を選択します。
    チャネル名 Messaging APIの認可画面に表示される情報です。
    チャネル説明 Messaging APIの認可画面に表示される情報です。
    大業種、小業種 Messaging APIを使用するサービスの業種を選択します。
    メールアドレス 重要なお知らせと最新のニュースを受信するメールアドレスです。
    プライバシーポリシーURL チュートリアルでは空欄のままにします。
    サービス利用規約URL チュートリアルでは空欄のままにします。
    注意

    チャネル名には、「LINE」またはそれに類する文字列を含めることはできません。

  4. [LINE公式アカウント利用規約]をクリックして利用規約を確認し、同意できる場合は[LINE公式アカウント利用規約の内容に同意します]のチェックボックスをオンにします。

  5. [LINE公式アカウントAPI利用規約]をクリックして利用規約を確認し、同意できる場合は[LINE公式アカウントAPI利用規約の内容に同意します]のチェックボックスをオンにします。

  6. [作成]をクリックします。

  7. 「情報利用に関する同意について」をよく読み、同意できる場合は[同意する]をクリックします。

    Messaging APIのチャネルが作成され、LINE Official Account ManagerにボットのLINE公式アカウントが作成されます。

# ボットのLINE公式アカウントを友だち追加する

LINE CLOVAアプリにログインしているLINEアカウントに、ボットのLINE公式アカウントを友だち追加します。

  1. LINE Developersコンソールにログインし、CLOVAスキルのチャネルがあるプロバイダーをクリックします。

  2. Messaging APIのチャネルをクリックし、[Messaging API設定]タブの[QRコード]を表示します。

  3. スマートフォンのLINEを起動してQRコードを読み取り、LINE CLOVAアプリにログインしているLINEアカウントに、ボットのLINE公式アカウントを友だち追加します。

# Messaging APIのチャネルのアクセストークン(ロングターム)をチュートリアルのコードに転記する

Messaging APIのチャネルのアクセストークン(ロングターム)を発行し、チュートリアルのコード(config.js)にアクセストークン(ロングターム)を入力します。

チュートリアル4では、このアクセストークン(ロングターム)を持つチャネルに向けてメッセージが送信されます。

  1. LINE Developersコンソールにログインし、CLOVAスキルのチャネルがあるプロバイダーをクリックします。

  2. Messaging APIのチャネルをクリックし、[Messaging API設定]タブの[チャネルアクセストークン(ロングターム)]にある[発行]をクリックします。

  3. 発行されたチャネルアクセストークン(ロングターム)が表示されます。

  4. チュートリアルのコードのconfig.jsを修正します。

    YOUR_CHANNEL_ACCESS_TOKENを、アクセストークン(ロングターム)に置き換えて保存します。

    修正前:

      CHANNEL_ACCESS_TOKEN: "YOUR_CHANNEL_ACCESS_TOKEN",
    

    修正後(例):

      CHANNEL_ACCESS_TOKEN: "XXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXXX=",
    
  5. Herokuにログインします。

    詳しくは、「Getting started」を参照してください。

  6. コードをHerokuにデプロイします。

    ターミナルまたはコマンドラインアプリケーションで、以下のコマンドを入力します。

    $ git commit -am "Change channel access token"
    $ git push heroku master
    

# 次のステップ

これでチュートリアル4のMessaging APIのチャネルを作成できました。続いてExtensionsサーバーのURLを設定します。