# 自動通信とは

LINE Things Developer Trial提供終了のお知らせ

LINE Things Developer Trialについて、誠に勝手ながら2024年3月31日をもちまして提供を終了いたします。提供終了に伴い、2024年4月1日以降はAPIの呼び出しや、デバイスとの接続が出来なくなります。

ご不明な点がございましたら、お問い合わせフォーム (opens new window)からご連絡ください。

ご利用いただいているお客様には多大なご迷惑をお掛けすることとなり、誠に申し訳ございません。何卒ご理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

自動通信とは、エンドユーザーが操作しなくても、開発者があらかじめ登録した通信手順で、デバイスとLINEの間で自動的に通信を行う機能です。

LINEとデバイスの間で、一定の間隔でコネクションを確立して通信を行ったり、常時接続してデバイスからの通知を待ったりできます。実行結果は、Messaging APIを経由して、チャネルのWebhook URLに送信されます。

自動通信の概要

自動通信を利用することで、家電などのデバイスが、まるで自発的にコミュニケーションを行うような機能が実現できます。

チャネルはボットと紐づいているため、デバイスから取得した内容をもとに、以下のような機能が実現できます。

  • ボットからユーザーにメッセージを送信してお知らせする(例:定期的にバッテリー残量を通知する、体重計に乗ったタイミングで体重を取得して変化をお知らせする)
  • ボットにデータを溜め込んで定期的に変化を通知する(例:運動量計からの情報を取得して運動量を測定する)
  • ボットが行った処理の結果をメッセージで送信する

自動通信に加えて、ユーザーとボットとの会話を利用することで、IoTデバイスとLINEを活用した新しいユーザー体験を提供できます。