# LINE Things Developer Trialについて

LINE Thingsの機能を多くの開発者の方にご利用いただくために、「LINE Things Developer Trial」を無料で公開しています。

LINE Things Developer Trialで公開している機能は、以下のとおりです。

機能 説明
トライアルプロダクト情報作成機能 LINE Things Developer Trialでは、プロダクト情報としてトライアルプロダクト情報を作成します。プロダクト情報について詳しくは、「デバイスを作成する」を参照してください。
REST API デバイスをLINEプラットフォームで管理するための、REST APIを提供しています。詳しくは、『LINE Things APIリファレンス』を参照してください。

注:LINE Things Developer Trialで公開しているLINE Thingsの機能は、すべて予告なく変更、または停止される可能性があります。

# LINE Things Developer Trialの制限について

LINE Things Developer Trialでは、以下の制限があります。

注:ここで説明する制限を超えて利用した場合は、トライアルプロダクト情報が予告なく削除されることがあります。

# プロダクト数、デバイス数、ユーザー数の制限について

  • チャネルごとに、最大10個のトライアルプロダクト情報を作成できます。
  • トライアルプロダクト情報ごとに、最大100台のデバイスを利用できます。
  • 1台のデバイスごとに、最大10人のユーザーと連携できます。

# LINE Things Developer Trial用のデバイスを作成するときの制限について

  • サービス探索用情報(サービス探索用service UUID)は、「トライアルプロダクト情報を作成する」で取得したサービス探索用service UUIDを使用してください。

  • LINE Things Developer Trialで使用するデバイス特定用情報(デバイス特定用service UUIDおよびデバイス特定用characteristic UUID)は、以下の値に固定されています。

    項目
    デバイス特定用service UUID e625601e-9e55-4597-a598-76018a0d293d
    デバイス特定用characteristic UUID 26e2b12b-85f0-4f3f-9fdd-91d114270e6e

service(サービス)およびcharacteristic(キャラクタリスティック)は、Bluetooth® Low Energy対応デバイスがデータを格納する場所のことです。Bluetooth® Low Energyで使用されている用語です。