LINE Things Developer Trialについて

LINE Thingsの機能を多くの開発者の方にご利用いただくために、「LINE Things Developer Trial」を無料で公開します。

LINE Things Developer Trialで公開している機能は、以下のとおりです。

注:トライアルプロダクトで利用するLINE Thingsの機能は、すべて予告なく変更、または停止される可能性があります。

LINE Things Developer Trialの制限について

LINE Things Developer Trialでは、以下の制限があります。

注:ここで説明する制限を超えて利用した場合は、トライアルプロダクトが予告なく削除されることがあります。

プロダクト数、デバイス数、ユーザー数の制限について

  • チャネルごとに、最大10個のトライアルプロダクトを作成できます。
  • トライアルプロダクトごとに、最大100台のLINE Things対応デバイスを利用できます。
  • 1台のLINE Things対応デバイスごとに、最大10人のユーザーと連携できます。

注:制限を超えて利用した場合は、トライアルプロダクトが削除されることがあります。

事前の友だち追加のお願い

LINEでLINE Things対応デバイスを連携する前に、LINE Things対応デバイス(プロダクト)と関連付けられているLINE@アカウント(Messaging APIのチャネル)を友だち追加してください。

LINE Things Developer Trial用のLINE Things対応デバイスを作成するときの制限について

  • LINEプラットフォームから取得したサービス探索用service UUIDを、LINE Things対応デバイスがペアリングのためにアドバタイズするパケットに含めてください。サービス探索用service UUIDは、「トライアルプロダクトを作成する」で、トライアルプロダクトを作成すると取得できます。
  • デバイス特定用characteristicに、プロダクト単位でデバイスを一意に識別する値(PSDI)を記録してください。デバイス特定用characteristicは、LINEプラットフォームから指定されたデバイス特定用service UUIDとデバイス特定用characteristic UUIDで特定できます。
    なお、各UUIDは、以下の値に固定されています。

    項目
    デバイス特定用service UUID e625601e-9e55-4597-a598-76018a0d293d
    デバイス特定用characteristic UUID 26e2b12b-85f0-4f3f-9fdd-91d114270e6e

{{ $t("form.question.helpful") }}

{{ $t("form.question.detail") }}

{{ $t("form.question.improve") }}

{{ $t("form.info.start") }}{{ $t("form.info.link") }}{{ $t("form.info.end") }}


{{ $t("form.result.success") }}
{{ $t("form.result.error") }}
{{ $t("form.result.errorLink") }}