LINE Thingsについて

LINE Thingsは、LINEを介して、チャネルとBluetooth® Low Energy対応デバイスを連携し、操作を可能にするIoTプラットフォームです。

注:現在、LINE Thingsの機能を多くの開発者の方にご利用いただくために、試用版として「LINE Things Developer Trial」を公開しています。LINE Things Developer Trialの詳細については、「LINE Things Developer Trialについて」を参照してください。

LINE Thingsのアーキテクチャ

LINE Thingsでできること

LINEでデバイスを連携する

LINEで、Bluetooth® Low Energyを利用してデバイスを検出し、LINEとデバイス、およびチャネルとデバイスを連携できます。連携したデバイスに関する情報は、チャネルに送信されます。

デバイスについては、「デバイスを作成する」を参照してください。

デバイスを操作する

LINE Front-end Framework(LIFF)のクライアントAPIを利用して、デバイスのGATT Characteristicの読み取り、書き込み、通知の受け取りができます。

詳しくは、『LINE Front-end Framework APIリファレンス』の「BluetoothRemoteGATTCharacteristicオブジェクト」のコード例を参照してください。

LINEからデバイスに対して自動的に通信を行う

エンドユーザーが操作しなくても、開発者があらかじめ登録した手順で、デバイスとLINEの間で通信を行う機能です。

詳しくは、「自動通信とは」を参照してください。

{{ $t("form.question.helpful") }}

{{ $t("form.question.detail") }}

{{ $t("form.question.improve") }}

{{ $t("form.info.start") }}{{ $t("form.info.link") }}{{ $t("form.info.end") }}


{{ $t("form.result.success") }}
{{ $t("form.result.error") }}
{{ $t("form.result.errorLink") }}