作業の流れ

Bluetooth® Low Energy対応デバイスをLINE Thingsで利用するための作業の流れを紹介します。

概要

LINE Thingsに対応するサービスを構築するには、ボットアプリ、LIFFアプリ、Messaging APIのチャネル、LINEプラットフォーム、LINE、およびデバイスを図のように連携させます。

概要

作業の流れ

作業の流れ

(1)Messaging APIのチャネルの作成

LINE Developersコンソールで、プロバイダーとMessaging APIのチャネルを作成します。プロバイダーとチャネルの作成方法について詳しくは、『Messaging APIドキュメント』の「はじめに」を参照してください。

Messaging APIのチャネルを作成すると、LINE Developersコンソールの[チャネル基本設定]ページで以下の情報を取得できます。作業が終了したら、忘れずにメモしておきましょう。

情報 説明
チャネルシークレット ボットアプリがWebhookイベントを受信したときに、LINEプラットフォームから送られたことを確認するための秘密鍵です。
アクセストークン(ロングターム) Messaging APIのチャネルを特定するためのトークンです。

(2)システムの準備

LINE Thingsを利用するためのシステムとして、LIFFアプリとボットアプリを作成します。

LIFFアプリを作成する

デバイスを操作するためのUIを、LIFFアプリで作成します。ここでは、LINE ThingsのスターターLIFFアプリをデプロイします。

スターターLIFFアプリを使用せず、独自のLIFFアプリを作成する場合は、『LINE Front-end Frameworkドキュメント』を参照してください。

  1. LINE ThingsのスターターLIFFアプリをデプロイします。

  2. Messaging APIのチャネルにLIFFアプリを追加します。

    LINE Thingsでは、LIFFアプリのBluetooth® Low Energy対応機能を有効にする必要があります。詳しくは、『LINE Front-end Frameworkドキュメント』の「LIFFアプリを追加する」を参照してください。

LIFFアプリを作成すると、以下の情報を取得できます。作業が終了したら、忘れずにメモしておきましょう。

情報 説明
LIFFアプリのURL LINEプラットフォームがLIFFアプリを呼び出すためのURL
例:line://app/..........-........
LIFFアプリID LINEプラットフォームがLIFFアプリを識別するためのID
LIFFアプリのURLから「line://app/」を取り除いたものがLIFFアプリIDです。
例:..........-........

ボットアプリを作成する

デバイスと連携したときや連携を解除したときにイベントを受け取り、エンドユーザーにメッセージを送る場合は、ボットアプリを作成します。ボットアプリの作成方法について詳しくは、『Messaging APIドキュメント』の「ボットを作成する」を参照してください。

なお、イベントを受け取らない場合は、ボットアプリを作成する必要はありません。

(3)デバイスの作成

Bluetooth® Low Energy対応デバイスをカスタマイズして、デバイスを作成します。

  1. デバイスを作成します。

  2. LIFFアプリを完成させます。

    (2)システムの準備」でデプロイしたスターターLIFFアプリに、トライアルプロダクト情報を作成したときに発行されたサービス探索用service UUIDを指定します。

LINE Thingsを試してみる

ここまでの作業が終わったら、LINEを起動してデバイスを操作してみましょう。

詳しくは、「LINE Thingsを試す」を参照してください。

{{ $t("form.question.helpful") }}

{{ $t("form.question.detail") }}

{{ $t("form.question.improve") }}

{{ $t("form.info.start") }}{{ $t("form.info.link") }}{{ $t("form.info.end") }}


{{ $t("form.result.success") }}
{{ $t("form.result.error") }}
{{ $t("form.result.errorLink") }}