# オーディエンスマッチ

オプション機能を利用するには手続きが必要です

本ドキュメントに記載の機能は、所定の申請等を行った法人ユーザーのみがご利用いただけます。 自社のLINE公式アカウントでご利用になりたいお客様は、担当営業までご連絡いただくか、弊社パートナー (opens new window)にお問い合わせください。

# 概要

オーディエンスマッチを使うと、ユーザーが保有するモバイル広告ID(IFA:Identifier for Advertisers)や、ユーザーの電話番号に基づいたターゲティング配信ができます。なお、IFAとして、iOSではIDFAを使用し、AndroidではGAIDを使用します。

また、LINEのユーザーIDとプロバイダー(企業や開発者)が保有する会員IDが連携されていない状態でも、プロバイダー独自で作成しているセグメント(プロバイダーにおける購入履歴などに基づくセグメント)を利用したターゲティング配信ができます。この場合でも、配信結果を取得できます。

ご使用にあたっての注意事項
  • ユーザーの特定を防ぐため、20通未満の配信はご遠慮ください。
  • ご利用にあたっては、弊社の各ガイドラインおよび関連する諸法規・業界団体等のガイドライン等の遵守をお願いいたします。
  • ディープリンクを含むメッセージを配信する場合、事前に動作確認をお願いいたします。
  • オーディエンスマッチでは、以下のプロパティやリクエストヘッダーは利用できません。

# APIリファレンス

オーディエンスマッチAPIの仕様について詳しくは、法人ユーザー向けオプションのAPIリファレンス を参照してください。

# 配信結果の確認

オーディエンスマッチのAPIの配信結果は、LINE Developersコンソールで確認できます。

  1. LINE Developersコンソールにログインし、チャネルを選択します。
  2. 統計情報]タブの「Identifier For Advertisersを利用した送信メッセージ (IFA)」または「Phone」の「正常配信」を確認します。

# 正常配信について

  • 実際にユーザーにメッセージが送信された回数です。
  • 1回のAPIリクエストに、同一のIFAまたは電話番号が複数存在する場合、1通としてカウントされます。
  • 1回のAPIリクエストに、同一のユーザーIDに紐づく複数のIFAまたは電話番号が存在する場合、1通としてカウントされます。
  • 送信数が20以上の場合のみ値が表示されます。