# アクセストークンを管理する

Social APIを使用して、ユーザーのアクセストークンを管理したり、有効状態を維持したりすることができます。ユーザーがアプリにログインしてトークンを取得した後、このトークンを検証したり、更新したりできます。

# 始める前に

Social APIを呼び出すには、LINEログインの認証と認可のプロセスを通じてアクセストークンを取得する必要があります。LINEログインの使用方法について詳しくは、以下のページを参照してください。

# アクセストークンについて

ユーザーが認証されるとアクセストークンが返されます。このアクセストークンを使用して、Social APIを呼び出すことができます。アクセストークンは発行後30日間有効です。アクセストークンを含むレスポンスのexpires_inプロパティに、有効期限(秒)が含まれます。

# リフレッシュトークン

アクセストークンの有効期限が切れたときは、リフレッシュトークンを使用して新しいトークンを取得できます。リフレッシュトークンは、アクセストークンが発行されてから最長90日間有効です。リフレッシュトークンの有効期限が切れた場合は、ユーザーに再度ログインを要求して新しいアクセストークンを生成する必要があります。

# アクセストークンを検証する

アクセストークンの検証方法は、Social API v2.1リファレンスの「アクセストークンの有効性を検証する」を参照してください。

# アクセストークンを更新する

アクセストークンの更新方法は、Social API v2.1リファレンスの「アクセストークンを更新する」を参照してください。

# 関連ページ

Social APIのその他の機能について詳しくは、以下のページを参照してください。