# LINE SDK for Unityの概要

LINE SDK for Unityを使うと、最新の方法でLINEのAPIを実装できます。このSDKに含まれる機能は、個人に合わせたユーザーエクスペリエンスを提供する魅力的なUnityゲームの開発に役立ちます。

# 機能

LINE SDK for UnityはLINE SDK for iOS SwiftおよびLINE SDK for Android向けのラッパーです。 iOSまたはAndroidで実行されるUnityゲームに、以下の機能を提供します。

# ユーザー認証

ユーザーは自分のLINEアカウントを使って、開発者が作成したUnityゲームにログインできます。LINE SDK for Unityを組み込めば、LINEログインを簡単にアプリに組み込むことができます。ユーザーがAndroidデバイス上のLINEにログイン済みの場合、LINEの認証情報を入力せずに自動的にアプリにログインできます。そのため、ユーザーはアカウント登録作業を行わずにアプリを使い始められます。

# OpenIDによるユーザーデータの利用

ユーザーがログインすると、そのユーザーのLINEプロフィールを取得できます。開発者は特別なシステムを構築せずに、LINEに登録されているユーザー情報を使用できます。

LINE SDKではOpenID Connect (opens new window) 1.0仕様がサポートされます。アクセストークンを取得すると、ユーザーのLINEプロフィールを含むIDトークンを取得できます。

# APIコール

LINE SDKに含まれるメソッドを使用して、ユーザーのプロフィールを取得したり、ユーザーをログアウトさせたり、アクセストークンを管理したりできます。

# オープンソースSDK

LINE SDK for Unityはオープンソースのプロジェクトです。リポジトリ (opens new window)にアクセスして、提供されているコードやサンプルを確認できます。

# SDKを使用する

UnityゲームでLINE SDKを使用するには、以下の手順を行います。

  1. チャネルを作成します。詳しくは、『LINEログインドキュメント』の「LINEログインを利用するには」を参照してください。
  2. SDKを使用して、UnityゲームにLINEログインを組み込みます。詳しくは、「UnityゲームにLINEログインを組み込む」を参照してください。
  3. SDKを使用してアプリから、またはSocial APIを通じてサーバー側から、APIコールを実行します。詳しくは、『LINE SDK for Unity APIリファレンス』および『Social APIリファレンス』を参照してください。

# スターターアプリを試してみる

スターターアプリを使って、LINEログインの動作を確認できます。詳しくは、「スターターアプリを試してみる」を参照してください。

# このガイドの内容

このガイドでは、LINE SDKをUnityゲームに組み込む方法と、SDKで利用できるAPI機能をアプリから使う方法について説明します。各トピックについては以下の表を参照してください。

タイトル 内容
LINE SDK for Unityの概要 SDKの機能と、利用方法の概要
プロジェクトを設定する LINE SDK for Unityを組み込むために必要な前提条件と環境
スターターアプリを試してみる スターターアプリを実行する方法
UnityゲームにLINEログインを組み込む LINE SDKをプロジェクトに組み込み、LINEログインを活用してアプリのユーザーエクスペリエンスを向上させる方法
SDKを使用する LINE SDK for Unityの使用方法とその他の詳細
LINE SDK for Unity APIリファレンス LINE SDK for Unityのインターフェースおよびクラスの詳細

# その他のリソース

『LINE SDK for Unityドキュメント』の トップページから、以下の情報を参照できます。

タイトル 内容
リリースノート SDKの変更履歴