ニュース

  • 2019/07/26

    【修正済み】Memberユーザーがチャネルシークレットを取得できる不具合のお知らせ

    LINE Developersコンソールにおいて、Memberユーザーがチャネルシークレットを取得できる不具合が見つかり、修正いたしました。お客様には多大なご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございませんでした。

    7月24日の時点でMemberユーザーが存在していたチャネルの管理者の方には、メールでも同様のご案内をしております。

    発生期間

    2017/09/21 ~ 2019/07/17

    状況

    Admin権限が付与されたユーザー(Adminユーザー)にしか表示されないチャネルシークレットを、Member権限が付与されたユーザー(Memberユーザー)が取得できる不具合がありました。

    具体的には、Memberユーザーが「チャネル基本設定」を確認した際、チャネルシークレットは表示されませんが、LINE Developersコンソールが呼び出しているAPIにチャネルシークレットが含まれていました。したがって、信頼できないユーザーをMemberユーザーにしていた場合は、チャネルシークレットが取得され、悪用されている可能性があります。

    tip チャネルシークレットとは

    チャネルシークレットは、LINEが提供するAPIを呼び出したり、署名を検証するために利用するための秘密鍵です。外部に漏えいしないように管理する必要があります。

    tip Memberユーザーができること

    本来、Memberユーザーは、チャネルの基本情報や統計情報のみを表示できるユーザーです。チャネルシークレットを取得できません。

    必要な対応について

    信頼できないMemberユーザーにチャネルシークレットが漏えいしている懸念がある場合は、チャネルシークレットを再発行してください。チャネルシークレットを再発行すると、漏えいしている懸念があるチャネルシークレットは無効化されます。

    なお、チャネルシークレットを再発行した場合は、そのチャネルシークレットを利用するアプリケーションを修正する必要があります。該当するチャネルを利用するサービスへの影響を十分に調査してから、チャネルシークレットを再発行してください。

    チャネルシークレットを再発行するには

    LINE Developersコンソールの「チャネル基本設定」で、チャネルシークレットを再発行できます。

    tip チャネルシークレットの強制再発行について

    LINEが強制的にチャネルシークレットを再発行することはありません。チャネルシークレットを再発行するかどうかは、各チャネルのAdminユーザーが判断してください。

    謝辞

    今回修正した不具合は、LINE Security Bug Bounty Programを通じて報告されました。

    LINEは今後もお客様への一層のサービス向上に取組んでまいります。何卒ご理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

  • 2019/07/18

    【回復済み】LINEログイン障害のお知らせ

    LINEログインにおいて以下の障害が発生しておりましたが、すべて回復いたしました。お客様には多大なご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございませんでした。

    発生日時

    2019/07/18 09:38 ~ 10:40 JST(GMT+9)

    原因

    サーバー障害

    状況

    以下のアプリでのLINEログインに対するリクエストの一部で、ステータスコード500番台のエラーが発生していました。その結果、LINEログインが利用できない状況でした。

    • ウェブアプリ
    • デスクトップアプリ

    LINEは今後もお客様への一層のサービス向上に取組んでまいります。何卒ご理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

  • 2019/07/08

    Messaging APIに統計情報を取得するエンドポイントが追加されました

    Messaging APIに3つのエンドポイントが追加されました。これらのエンドポイントを使って、LINE公式アカウントの友だち数に関する情報を取得できます。

    このエンドポイントで取得できるデータは、LINE Official Account manager分析タブに表示される情報に基づいています。

  • 2019/06/27

    LINE SDK for Flutterがリリースされました

    LINE SDK for Flutterがリリースされました。LINE SDK for Flutterは、Flutter用プラグインです。このプラグインを使うと、Flutterアプリ内のLINE SDK for iOSまたはLINE SDK for Androidを利用できます。詳しくは、以下のページを参照してください。

    LINE SDK for Flutterドキュメントは、まもなく日本語に翻訳されます。

  • 2019/06/26

    LINEログイン:新しいパラメータおよびプロパティが追加されました

    LINEログイン v2.1に新しいパラメータおよびプロパティが追加されました。

    • LINEログインで表示される画面の表示言語および文字種を設定できます。(ui_localesパラメータ)
    • OpenID Connect 1.0のamrクレームに対応しました。(amrプロパティ) amrプロパティは、LINEログイン v2.1が有効なすべてのチャネルに自動的に追加されるため、追加の開発作業は不要です。

    詳しくは、「ウェブアプリにLINEログインを組み込む」を参照してください。

    LINEログインを導入されていない場合は、この機会にぜひ導入をご検討ください。

    note 注意

    LINEログイン機能に追加または変更があったときに、レスポンスやIDトークンのJSONオブジェクトの構造が変更される場合があります。この変更には、プロパティの追加、順序の変更、データの要素間の空白や改行の有無、データ長の変化が含まれます。将来、従来と異なる構造のペイロードを受信しても不具合が発生しないように、サーバーを実装してください。

    弊社が提供している機能は、すべて予告なく変更される可能性があります。なお、開発者のみなさんに大きな影響を与えると弊社が判断した場合は、事前に通知することがあります。

  • 2019/06/18

    【回復済み】LINE公式アカウントへの統合に伴う問題のお知らせ

    2019年6月11日から順次開始している旧Developer Trialプランから新フリープランへの移行において、以下の障害が発生しておりましたが、すべて回復いたしました。お客様には多大なご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございませんでした。

    発生日時

    2019/06/11 ~ 2019/06/18 14:33 JST(GMT+9)

    原因

    日本およびタイにおいて、旧Developer Trialプランから新フリープランに移行されたアカウントで、友だち数の制限(50人)が継続していた。

    状況

    友だち数が50人の上限に達していたアカウントに、友だちを追加しようとした際、「友だちに追加できるユーザー数が限定されているアカウントのため、これ以上友だちに追加する事ができません」というエラーが表示されていました。

    現在は、友だち数の制限は解除されています。

    LINEは今後もお客様への一層のサービス向上に取組んでまいります。何卒ご理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

  • 2019/06/17

    【回復済み】LINEログイン障害のお知らせ

    LINEログインにおいて以下の障害が発生しておりましたが、すべて回復いたしました。お客様には多大なご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございませんでした。

    発生日時

    2019/06/17 11:41 ~ 13:01 JST(GMT+9)

    原因

    サーバー障害

    状況

    LINEログインに対するリクエストの一部で、ステータスコード400番台のエラーが発生していました。

    LINEは今後もお客様への一層のサービス向上に取組んでまいります。何卒ご理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

  • 2019/06/14

    【回復済み】Messaging API障害のお知らせ

    Messaging APIにおいて以下の障害が発生しておりましたが、すべて回復いたしました。お客様には多大なご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございませんでした。

    発生日時

    2019/06/14 10:35 〜 12:19 JST(GMT+9)

    原因

    サーバー障害

    影響範囲

    すべてのMessaging API(https://api.line.me/v2/bot/*)

    状況

    APIが呼び出される際に、ステータスコード500番台のエラーが発生する場合がありました。

    LINEは今後もお客様への一層のサービス向上に取組んでまいります。何卒ご理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

  • 2019/06/05

    【回復済み】Messaging API障害のお知らせ

    Messaging APIにおいて以下の障害が発生しておりましたが、すべて回復いたしました。お客様には多大なご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございませんでした。

    発生日時

    2019/06/05 14:41 〜 15:05(GMT+9)

    ※主な影響範囲は、14:55 までとなります。

    原因

    サーバー障害

    影響範囲

    すべてのMessaging API(https://api.line.me/v2/bot/*)

    およびWebhook

    状況

    APIが呼び出される際に、ステータスコード403または500のエラーが発生する場合がありました。

    また、Webhookイベントが正常に送信できない場合がありました。

    LINEは今後もお客様への一層のサービス向上に取組んでまいります。何卒ご理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

  • 2019/05/07

    LINE Things Developers Trialに自動通信が追加されました

    LINE Things Developers Trialに自動通信が追加されました。使い方については、以下のドキュメントおよびAPIリファレンスを参照してください。