ニュース: 2017年10月 の記事

  • 2017/10/30

    テンプレートメッセージに設定できるカラムオブジェクト数が増えました

    カルーセルタイプと画像カルーセルタイプのテンプレートメッセージに含められるカラムオブジェクトの数が、5から10に増えました。

    詳しくは、以下のリファレンスを参照してください。

  • 2017/10/23

    Messaging APIのリッチメニュー機能がリリースされました

    Messaging APIのリッチメニュー機能がリリースされました。この機能では、ユーザーごとに異なるリッチメニューを表示することができます。新しくリリースされたリッチメニューのエンドポイントを使えば、LINE@マネージャーの代わりにAPIを介して、リッチメニューの作成、リンク、および管理を実行することができます。また、より柔軟にリッチメニューを設計し、特定のメニュー領域にポストバックアクションを設定できます。

    LINE@マネージャーで現在設定できるリッチメニューのサイズは2500×1686ですが、Messaging APIならそれに加えて、2500×843の小さなリッチメニューも作成できます。小さなリッチメニューでは、大きなリッチメニューと同様のインタラクティブなメニューをユーザーに提供しながら、トーク画面をより広く表示することができます。

    LINE@マネージャーで作成するリッチメニューは引き続きサポートされ、Messaging APIで作成するリッチメニューと並行して利用できます。

    注:新しいリッチメニュー機能は、Android版とiOS版のLINE 7.14.0以降でサポートされます。

    新しいリッチメニュー機能の使い方について詳しくは、以下のページを参照してください。

  • 2017/10/19

    【回復済み】LINEログイン 障害のお知らせ

    LINEログインがご利用いただけない状況が発生しておりましたが、すべて回復いたしました。お客様には多大なご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございませんでした。

    発生日時

    2017/10/16 16:30 ~ 17:36 JST (GMT+9)

    原因

    サーバー障害

    状況

    上記の時間帯において、一部のチャネルでアクセストークンを取得するAPIの実行時に以下のエラーが発生していました。

    {"error":"invalid_grant","error_description":"authorization code expired or incompatible"}

    LINEは今後もお客様への一層のサービス向上に取組んでまいります。何卒ご理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。