ニュース:#Androidの記事

  • 2018/11/30

    LINE SDK for Android 4.0.10がリリースされました

    LINE SDK 4.0.10 for Androidがリリースされました。LINE SDKのダウンロードについて詳しくは、以下のリンクを参照してください。

    変更点:

    • LINEを無効化した後でLINEログインで認証すると、アクティビティが見つからないという問題が解決されました。

    さらに簡単にアプリ開発を進めていただけるよう、引き続きSDKの品質向上に努めていきます。

  • 2018/11/29

    LINE SDK 5.0.0の日本語版ガイドがリリースされました

    LINE SDK 5.0.0の日本語版ガイドがリリースされました。

    リファレンスも近日中に日本語化される予定です。

  • 2018/11/20

    LINE SDK 5.0.0がリリースされました

    LINE SDK 5.0.0 for Android、LINE SDK 5.0.0 for iOS Swift、およびLINE SDK 5.0.0 for iOS Objective-Cがリリースされました。インストール方法と使い方については、以下のガイドを参照してください。これらのガイドは、近日中に日本語化されます。

    変更点

    LINEログインv2.1およびSocial API v2.1に対応

    ユーザーがLINEログインを使ってアプリにログインするときに、アプリに許可する権限をスコープとして設定できます。これにより、アクセストークンの取得時に、ログインリクエストに設定したスコープに応じたユーザー情報を含むIDトークンを取得できます。

    ログインするユーザーに対して、ボットを友だち追加するオプションを表示できます。ユーザーとボットの間の友だち関係は、ログインレスポンスやSocial APIを使って確認できます。

    Swiftで書かれた新しいSDK

    Swiftで開発されたLINE SDK for iOS Swiftを使うと、最新の方法でLINEのAPIを実装できます。LINE SDK 5.0.0 for iOS Objective-Cは、Objective-C向けとしては最後のSDKです。

    オープンソース化

    LINE SDK for AndroidおよびLINE SDK for iOS Swiftはオープンソース化されています。以下のリポジトリにアクセスして、提供されているコードやサンプルを確認できます。

    詳しいリファレンス

    ソースコードに基づいた、より詳しいリファレンスを利用できます。詳しくは、以下を参照してください。これらのリファレンスは、近日中に日本語化されます。

  • 2018/03/12

    LINE SDK for Android 4.0.8がリリースされました

    LINE SDK for Android version 4.0.8がリリースされました。LINE SDKのダウンロードについて詳しくは、以下のリンクを参照してください。

    変更点:

    • LINEを一度も使用していない場合、SDKを組み込んだアプリにログインしようとすると、処理が実行中であることを示すインジケーターが表示されたままになるという問題が解決されました。

    さらに簡単にアプリ開発を進めていただけるよう、引き続きSDKの品質向上に努めていきます。

  • 2018/02/06

    LINE SDK for Android 4.0.7がリリースされました

    LINE SDK for Android version 4.0.7がリリースされました。LINE SDKのダウンロードについて詳しくは、以下のリンクを参照してください。

    変更点:

    • ユーザーがホームボタンを使ってLINEを終了した後で、SDKを組み込んだアプリを開いたときLINEで認証処理が完了していないと、クラッシュが発生するという問題が解決されました。

    さらに簡単にアプリ開発を進めていただけるよう、引き続きSDKの品質向上に努めていきます。

  • 2017/09/29

    LINE SDK for Android 4.0.6がリリースされました

    LINE SDK for Android version 4.0.6がリリースされました。LINE SDKのダウンロードについて詳しくは、以下のリンクを参照してください。

    変更点:

    • LINEのパスコード入力画面で戻るボタンをタップすると、処理が実行中であることを示すインジケーターが表示されたままになるという問題が解決されました。

    さらに簡単にアプリ開発を進めていただけるよう、引き続きSDKの品質向上に努めていきます。

  • 2017/06/02

    LINE SDK for Android 4.0.5 released

    The LINE SDK for Android version 4.0.5 has been released. For more information on downloading the LINE SDK, see below.

    Changes:

    • Fixed an issue where a runtime error occurs upon calling startActivityForActivity with a login intent when using appcompat version 25.0.0 or higher.

    We will continue to provide improvements so that you can code more easily.

  • 2017/04/26

    LINE SDK for Android 4.0.4 released

    The LINE SDK for Android version 4.0.4 has been released. For more information on download the LINE SDK, see below.

    Changes:

    • Made a minor change to the SDK's authentication logic to fix a problem where onActivityResult does not get executed during app-to-app login.
    • Fixed a known issue in 4.0.2 where onActivityResult returns a result of "CANCEL" on the first time that a user logs into an application using app-to-app login.

    We will continue to provide improvements so that you can code more easily.

  • 2017/04/10

    LINE SDK for Android 4.0.2 released

    The LINE SDK for Android version 4.0.2 has been released. You can download the SDK from the following page.

    Changes:
    • Fixed an issue where browser login fails with an INTERNAL_ERROR on Android 4.x devices.

    Known issues:

    • On Android 4.x devices, onActivityResult returns a result of "CANCEL" the first time that a user logs into an application using the app-to-app login. However, the user will be able to successfully log in from their second attempt. This issue is caused by a problem in LINE and will be resolved in a future update.
    We will continue to provide improvements so that you can code more easily.
  • 2017/01/24

    New versions of Web Login and the LINE SDK released

    New versions of Web Login, LINE SDK for Android, and LINE SDK for iOS have been released. Details of each release are outlined below.

    Web Login v2

    Key changes:

    • Endpoint URLs contain "v2" instead of "v1"
    • userId is returned in get user profile requests. mid is no longer returned in the response.
    • scope is returned with the default value of p for permission to get user profile information
    • error and state parameters are returned in error responses for authorization

    For more information, see the updated documentation below.

    You can also use the LINE Login starter application to help you get started with Web Login.

    Note: Web Login v1 will be discontinued in January 2018. If you are using Web Login v1, please migrate to the Web Login v2 before that time.

    LINE SDK for Android 4.0.0

    Key changes:

    • Implements the Auto Login feature using Chrome custom tabs, instead of app-to-app authorization
    • Automatically gets user profile information at login
    • Has a method to verify the access token
    • Has a method to refresh the access token
    • Has a method to log the user out

    For more detailed information on how to use the LINE SDK for Android, see the updated documentation below.

    Download the LINE SDK for Android

    LINE SDK for iOS 4.0.0

    Key changes:

    • Automatically gets user profile information at login
    • Has a method to verify the access token
    • Has a method to refresh the access token
    • Has a method to log the user out

    For more detailed information on how to use the LINE SDK for iOS, see the updated documentation below.

    Download the LINE SDK for iOS

    Note: The reference documentation for the LINE SDK for Android and iOS are currently only available in English.

    We will continue to provide improvements so that developers can code more easily.