# ニュース: #法人ユーザー向けオプション の記事

法人ユーザー向けオプションおよびLINE Ads Platform APIのドキュメントがリリースされました

2020年7月3日追記

問い合わせ先を変更します。

LINEは今後もお客様への一層のサービス向上に取組んでまいります。何卒ご理解を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

法人ユーザー向けオプションおよびLINE Ads Platform APIのドキュメントがリリースされました。

# 法人ユーザー向けオプション

法人ユーザー向けオプションのドキュメントでは、以下のオプション機能の使いかたを説明しています。

オプション機能 概要
エラー通知 LINEプラットフォームからボットサーバーにWebhookイベントを通知するときに問題が発生した場合に、チャネルの管理者にメールで通知できます。
ミッションスタンプ ミッションの達成を条件としてユーザーにスタンプを提供することができます。
オーディエンスマッチ ユーザーが保有するモバイル広告IDや、ユーザーの電話番号に基づいたターゲティング配信ができます。
Mark-as-Read 特定のユーザーから送信されたすべてのメッセージに、任意のタイミングで"既読"を表示できます。
LINE Profile+ ユーザーがLINE Profile+に登録したユーザー情報(名前、性別、住所など)を、プロバイダーが提供するサービスで取得することができます。
LINE Beacon LINE Beaconを受信するための条件について説明します。

また、法人ユーザー向けオプションAPIリファレンスも公開されています。

オプション機能を利用するには手続きが必要です

法人ユーザー向けオプションのドキュメントに記載の機能は、所定の申請等を行った法人ユーザーのみがご利用いただけます。 自社のLINE公式アカウントでご利用になりたいお客様は、担当営業までご連絡いただくか、弊社パートナー (opens new window)にお問い合わせください。

# LINE Ads Platform API

LINE Ads Platform APIのドキュメントでは、LINE Ads Platformを利用している方に公開しているAPIの使いかたを説明しています。

詳しくは、以下のドキュメントを参照してください。

LINE Ads Platform APIを利用するには手続きが必要です

LINE Ads Platform APIのドキュメントに記載の機能は、所定の申請等を行った法人ユーザーのみがご利用いただけます。 自社のLINE公式アカウントでご利用になりたいお客様は、担当営業までご連絡いただくか、弊社パートナー (opens new window)にお問い合わせください。 あわせて「LINE Ads Platform (opens new window)」も参照してください。