# Messaging APIリファレンス

# 共通仕様

Messaging APIにおけるエンドポイントのドメイン名、リクエストが成功・失敗した際のレスポンス、レート制限などの共通仕様です。

# Webhook

友だち追加やメッセージの送信のようなイベントが発生すると、LINEプラットフォームからWebhook URL(ボットサーバー)にHTTPS POSTリクエストが送信されます。

Webhook URLはチャネルごとにLINE Developersコンソールで設定します。

エンドポイント一覧

# Webhookイベントオブジェクト

LINEプラットフォームで生成されるイベントを含むJSONオブジェクトです。

# Webhook設定

チャネルのWebhookエンドポイントを設定、検証、取得します。

# チャネルアクセストークン

アプリからMessaging APIを呼び出す際に必要となるチャネルアクセストークンを発行、取得、取り消しします。

# ユーザー

LINE公式アカウントを友だち追加したユーザーの情報を取得できます。

自分のユーザーIDを取得する

自分のユーザーIDは、LINE Developers Consoleのチャネルの[チャネル基本設定]タブにある[あなたのユーザーID]で確認できます。アクセス権限について詳しくは、『権限を管理する』の「チャネルの権限」を参照してください。開発者が自分自身のユーザーIDを取得するためのAPIはありません。

# ボット

LINE公式アカウントのボットの基本情報を取得できます。

エンドポイント一覧

# グループトーク

LINE公式アカウントが参加しているグループトークの情報や、グループトークのメンバーの情報を取得できます。

# 複数人トーク

LINE公式アカウントが参加している複数人トークの情報や、複数人トークのメンバーの情報を取得できます。

プロバイダー(企業や開発者)が提供するサービスのアカウントと、LINEユーザーのアカウントを連携できます。

エンドポイント一覧

# メッセージオブジェクト

送信するメッセージの内容を表すJSONオブジェクトです。

# アクションオブジェクト

ユーザーがメッセージ内のボタンまたは画像をタップしたときに、ボットが実行できるアクションのタイプです。

# リッチメニューの構造

リッチメニューは以下のどちらかのオブジェクトで表されます。

これらのオブジェクトは領域オブジェクトアクションオブジェクトから構成されます。