# FAQ

ボットを削除するにはLINE公式アカウントを削除する必要があります。

LINE Official Account Managerの応答設定によっては、LINE公式アカウントが自動的に応答します。

LINE Developersコンソールのチャネル設定にある[Messaging API設定]タブで、[応答メッセージ]の[編集]をクリックして、LINE Official Account Managerにアクセスし、「応答設定」を確認してください。

以下のいずれかの設定になっていれば、自動的に応答します。

  • あいさつメッセージ]が「オン」に設定されている場合、友だち追加したときに自動的に応答します。
  • 応答メッセージ]が「オン」に設定されている場合、あらかじめ設定した条件に従って自動的に応答します。
  • チャット]が「オン」に設定されている場合、[チャットの応答方法]の設定に従って、自動的に応答することがあります。

お使いのアカウントがWebhookを許可する設定になっていない可能性があります。Webhookを有効にするには、LINE Developersコンソールのチャネル設定にある[Messaging API設定]タブで、[Webhookの利用]を有効にします。

チャネルIDは、LINE Official Account Manager (opens new window)、またはLINE Developersコンソールで確認できます。

  • LINE Official Account Managerの場合(管理者権限が必要)

    アカウント名のリストからアカウントを選択し、画面右上の[設定]ボタンをクリックします。サイドメニューの[Messaging API]をクリックすると、「Channel情報」の項目にチャネルIDが表示されます。

    OAM settings

  • LINE Developersコンソールの場合

    LINE Developersコンソールでプロバイダーを選択して、チャネルを選択します。[チャネル基本設定]タブにチャネルIDが表示されます。

    Console settings

『LINE Developersコンソールドキュメント』の「作成できるチャネルの数について」を参照してください。

プロバイダーIDは、LINE Developersコンソールで確認できます。

  • プロバイダーのAdmin権限がある場合

    LINE Developersコンソールでプロバイダーを選択して、[プロバイダー設定]タブをクリックします。「基本情報」の項目に、プロバイダーIDが表示されます。

    Provider ID Admin

  • プロバイダーのAdmin権限がない場合

    LINE Developersコンソールでプロバイダーを選択します。表示されたページのURLのうち、/provider/の後ろのセグメントがプロバイダーIDです。

    Provider ID URL

プロフィールページの下部に表示されている企業名は、プロバイダー名です。

プロバイダー名は、下記の手順で変更できます。

  • 認証プロバイダーの場合(認証プロバイダーには企業名の前に認証プロバイダーバッジが表示されます)

    弊社への申請が必要であるため、担当営業までご連絡ください。

  • 未認証プロバイダーの場合

    LINE Developersコンソールでプロバイダーを選択して、[プロバイダー設定]タブをクリックします。「基本情報」にある「プロバイダー名」の[編集]ボタンをクリックします。

Provider name edit

※ プロバイダー名を変更してからプロフィールページに反映されるまでに時間がかかる場合があります。

グループトークの概要を取得するAPIで、LINE公式アカウントが参加しているグループトークのグループ名やアイコンのURLを取得できます。

個人の開発者向けのテクニカルサポート窓口はございません。LINE APIの開発手順や仕様については、ドキュメントを参照してください。また開発上の質問や相談には、LINE Developers Communityにあるユーザー同士のQ&A (opens new window)をご活用ください。

法人のお客様で、LINE APIに関するテクニカルサポートが必要な場合は、技術支援を行うTechnology Partner (opens new window)までご相談ください。LINE APIに関する技術的なお問い合わせは、Technology Partnerを通してお問い合わせいただく形となります。

LINE APIの障害状況やステータスは、以下で確認できます。

あるプロバイダー配下で発行されたユーザーID(userId)について、対応するLINEアカウントが削除された場合も、同じユーザーIDがそのプロバイダーにおいて他のLINEアカウントに使い回されることはありません。

ユーザーIDの説明は、「ユーザーID、グループID、トークルームID、1対1トークIDとはどのような値ですか。」も参照してください。

LINEプラットフォームで発生した問題について報告したり、改善要望を伝えたりしたい場合は、ヘルプセンターの「問題報告フォーム (opens new window)」からお問い合わせください。お問い合わせのすべてにご返答できない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

テクニカルサポートを必要とされている場合は、FAQの「LINE APIに関する問い合わせがしたいです。テクニカルサポートの窓口はどこですか。」を参照してください。

IPアドレスは開示しておりません。

SSL通信と、Webhookに含まれる署名の検証により、不正リクエスト防止を実施しております。

LINEプラットフォームで使用するユーザーIDは、ユーザーを識別するために利用する識別子であり、以下のような特徴を持ちます。

  • LINEでの友だち検索に利用するIDとは異なり、ユーザーではなくLINEプラットフォームが発行する値です。

  • チャネルのプロバイダーごとに異なるユーザーIDが発行されます。チャネルのプロバイダーが同じであれば、サービスの種類(LINEログインやMessaging API)にかかわらず、同じユーザーIDが割り当てられます。

  • ユーザーIDの値は、U[0-9a-f]{32}の正規表現にマッチする文字列になります。

グループトークで使用するグループIDと、複数人トークで使用するトークルームIDも、グループトークや複数人トークを識別するためにLINEプラットフォームが発行する識別子です。

グループIDの値はC[0-9a-f]{32}、トークルームIDの値はR[0-9a-f]{32}の正規表現にマッチする文字列になります。

LINE Front-end Framework(LIFF)アプリを使用する場合、上記3種のIDに加えて、1対1のトークを識別するために1対1トークID(utou ID)が使用されます。

1対1トークIDの値はUU[0-9a-f]{130}の正規表現にマッチする文字列になります。

LINEアカウントを作成したiPadや、LINEアカウントを引き継いだ先のiPadでは、リッチメニューが表示されます。

それ以外のiPadではリッチメニューが表示されません。

使用中のiPadでリッチメニューが表示されるかどうかは、LINEの設定画面で確認できます。

  • [設定] > [アカウント] > [アカウント削除]が表示される場合は、リッチメニューが表示されます。
  • [設定] > [アカウント] > [ログアウト]が表示される場合は、リッチメニューが表示されません。

ユーザーIDはチャネルのプロバイダーごとに発行されます。あるプロバイダー配下で発行されたユーザーID(userId)は、ユーザーがLINEアカウントを削除しない限り変わることはありません。

ユーザーが機種変更をしてLINEアカウントの引き継ぎを行った場合も、ユーザーIDは変わりません

LINEアカウントを削除したユーザーが、同じ電話番号で再度LINEアカウントを作りなおした場合は、ユーザーIDが変わります

ユーザーIDの説明は、「ユーザーID、グループID、トークルームID、1対1トークIDとはどのような値ですか。」も参照してください。

自動ログインはユーザーが以下の環境を利用している場合に利用可能です。自動ログインを利用できるようにするために、LINEログインを実装するウェブアプリ側で何らかの設定を行う必要はありません。

  • iOSの場合

    • LINE内ブラウザまたはSafariブラウザで、LINEログイン v2.0またはv2.1を実装したウェブアプリにアクセスすると、自動ログインできます。
  • Androidの場合

    • LINE内ブラウザまたはChromeなどの外部ブラウザで、LINEログイン v2.0またはv2.1を実装したウェブアプリにアクセスすると、自動ログインできます。

iOSやAndroid以外のデバイス、LINEがインストールされていないデバイス、iOSにおけるSafariブラウザ以外のブラウザでは自動ログインは動作しません。

また、外部ブラウザにおける自動ログインの動作は、iOSのUniversal Link (opens new window)やAndroidのアプリリンク (opens new window)の機能を利用しています。そのため、この機能が動作する際に表示されることがあるダイアログ、この機能を利用するためのOS側での条件、利用しないための設定方法など、詳細については各OSの仕様を確認してください。

自動ログインについて詳しくは、「自動ログイン」を参照してください。

Yahoo! JAPANアプリからの自動ログインについて

Yahoo! JAPANアプリからPKCEを実装したLINEログインを組み込んだウェブアプリにアクセスした際に、自動ログインが有効になります。LINEログインのPKCE対応について詳しくは、『LINEログインドキュメント』の「LINEログインをPKCE対応する」を参照してください。

NLChannelGatewayErrorDomainエラー(例:NLChannelGatewayErrorDomain Error 102)は、LINE Developersコンソールの設定が間違っていたり、不足している場合に発生します。

あなたのiOSアプリでこのエラーが発生した場合、以下を確認してください。

  • iOSのバンドルIDが、LINE Developersコンソールのチャネル設定にある[LINEログイン設定]タブで正しく登録されていますか。
  • iOSユニバーサルリンクが、LINE Developersコンソールのチャネル設定にある[LINEログイン設定]タブで正しく登録されていますか。
  • ログインに使用されているLINEアカウントが、LINE Developersコンソールの[権限管理]ページに正しく登録されていますか。

『LIFFドキュメント』の「LIFFブラウザと外部ブラウザの違い」を参照してください。

LIFFブラウザLINE内ブラウザでは、Googleアカウントによるソーシャルログインができません。これは、GoogleのOAuth 2.0 Policies (opens new window)において、WebViewからGoogleへの認可リクエストが禁止されているためです。

そのため、LIFFブラウザやLINE内ブラウザで、Googleアカウントによるソーシャルログインを行おうとすると、ステータスコードが403、エラーコードがdisallowed_useragent (opens new window)のエラーが表示されます。

一般のLINE SDKユーザーは、Graph APIやUser Message APIなどの制限されたAPIリソースを使用できません。現在、これらのリソースはLINE内部でのみ使用可能です。

LINE SDKは、LINE APIのSDKページからダウンロードできます。

LINE公式アカウントから送信された動画は、エンドユーザーが転送したりKeepに保存したりできません。

LINEでは、ウェブサイトのOpen Graphタグを使用してURLプレビューが生成されます。

LINEで使用される3つのOGPタグ:

# Open Graph Protocol タグ
1 og:title <meta property="og:title" content="LINE : Free Calls & Messages">
2 og:description <meta property="og:description" content="LINE is a new communication app">
3 og:image <meta property="og:image" content="http://static.naver.jp/line_lp/img/ogp.png">

URLプレビューの例:

URL preview in chat

OGPの設定

OGPの設定をしていない場合でも、URL内の記載の任意の文言・画像などが自動取得され、URLプレビューが生成されます。

たとえば、Titleは、og:titleの情報がなければ、titleタグ内テキストが読み込まれます。Summaryは、og:descriptionの情報がなければ、descriptionタグ内テキストかbody内のテキストが読み込まれます(該当の情報がなければ、何も読み込まれないこともあります)。

なおLINEで使用されるのは上記の3つのOGPタグのみです。それ以外のOGPタグからの情報はURLプレビューに含まれません。

ヒント

キャッシュを削除するツール (opens new window)でURLプレビューのLINEサーバー側のキャッシュを削除することができます。

LINE公式アカウントをブロックしているユーザー、またはアカウントを削除したユーザーを指定してメッセージを送信しても、エラーは発生せず、レスポンスとしてはステータスコード200が返ります。

なお、この場合、ユーザーにメッセージは届きません。

メッセージIDには、Messaging APIの環境全体で一意となる値が割り振られます。

画像などのメッセージの種類ごと、チャネルごとに一意ということではありません。

テキストの文字数は、UTF-16の符号単位(16ビット)でカウントします。一部の漢字やUnicode絵文字など、複数の符号単位で表現する文字は、1文字ではなく、複数の文字としてカウントします。

ただし、一部のプロパティについては、UTF-16の符号単位ではなく、書記素クラスタ (opens new window)単位でカウントします。詳しくは、『Messaging APIドキュメント』の「テキストの文字数のカウント」を参照してください。

また、LINEが提供するLINE絵文字については、Unicode絵文字と異なり、内部的に代替テキスト(例:(love))に変換されるため、代替テキストの文字数でカウントします。

UTF-16の符号単位による文字数のカウント例は以下のとおりです。

文字 UTF-16エンコードした値 符号単位の数 文字数
a 0061 1 1文字
3042 1 1文字
\n 000A 1 1文字
908A 1 1文字
𠀋 D840 DC0B 2 2文字
👋 D83D DC4B 2 2文字
👋🏻 D83D DC4B D83C DFFB 4 4文字

メッセージ通数は、メッセージの送信対象となった人数でカウントされます。この例のように、メッセージを送ったグループトークや複数人トークに5人いれば、カウントされるメッセージ通数は5通です。1回のリクエストで指定したメッセージオブジェクトの件数は、メッセージ通数には影響しません。

メッセージが届かないユーザーを宛先に指定した場合のメッセージ通数については、「メッセージが届かないユーザーを宛先に指定してメッセージを送信した場合も、メッセージ通数1通分としてカウントされますか。」を参照してください。

料金について詳しくは、「Messaging APIの料金」を参照してください。

LINE公式アカウントをブロックしているユーザーIDや、存在していないユーザーIDなど、メッセージが実際には届かないユーザーを宛先に指定した場合は、メッセージ送信のAPIを呼び出してもメッセージ通数にはカウントされません。

はい。

メッセージ送信時のリクエストボディに複数のメッセージオブジェクトを設定した場合、上から設定した順にメッセージが配信されます。

存在していないユーザーIDに対してメッセージを送信した場合は、ステータスコード400とともに以下のエラーが返ります。

"message":"Failed to send messages"

なお、ユーザーIDはプロバイダーごとに発行される値です。別のプロバイダーで発行されたユーザーIDを指定してメッセージを送信した場合も、存在していないユーザーIDにメッセージを送信したという扱いになります。

ユーザーIDの説明は、「ユーザーID、グループID、トークルームID、1対1トークIDとはどのような値ですか。」も参照してください。

Windows 10ではcurlコマンドを使用できません。

ここでは、PowerShellのInvoke-WebRequestを使って、REST APIを利用する方法を説明します。

# リクエストボディが必要な場合

LINE Thingsのトライアルプロダクト情報を作成する場合など、リクエストボディが必要なAPIを利用するときは、以下のようにコマンドを入力します。

$channel_access_token = "{channel access token}"
$liffId = "{LIFF APP ID}"
$body = @{
 name = "{trial product name}";
 liffId = $liffId
} | ConvertTo-Json
$body = [System.Text.Encoding]::UTF8.GetBytes($body)
$response = Invoke-WebRequest -Method POST https://api.line.me/things/v1/trial/products `
-Headers @{
  "Authorization" = "Bearer " + $channel_access_token;
  "Content-Type" = "application/json"
} `
-Body $body
$response.Content

# リクエストボディが必要ない場合

LINE Thingsのトライアルプロダクト情報を取得する場合など、リクエストボディが必要ないAPIを利用するときは、以下のようにコマンドを入力します。

$channel_access_token = "{channel access token}"
$response = Invoke-WebRequest -Method GET https://api.line.me/things/v1/trial/products `
-Headers @{
  "Authorization" = "Bearer " + $channel_access_token
} `
$response.Content

リッチメニューをアクティブにするには、Chatsモードで画面右下にある[Rich Menu]ペイン内のリッチメニューをクリックします。

はい、どちらのウェブサイトにも簡単にボタンを設置できます。

設置するボタンのタイプと言語を選択後、コードをコピーして、ウェブページでボタンを設置したい場所にペーストしてください。詳しい内容は設置方法をご確認ください。

シェア、友だち追加、いいねの数が確認できます。

「LINEで送る」ボタン:シェア数のオプションをオンにしてボタンを設置すると、ボタンと一緒にシェア数が表示されます。

「友だち追加」ボタン:該当のタイプを選択してボタンを設置すると、ボタンと一緒に友だち追加された数が表示されます。

「いいね」ボタン:どのタイプを設置してもボタンと一緒に「いいね」の数が表示されます。

※日付や年齢、性別などを基にした統計は現在提供しておりません。

現在、電話でのサポートには対応しておりません。ご質問などありましたらこちら (opens new window)からお問い合わせください。

「友だち追加」ボタンを設置するには、LINE公式アカウントが必要です。LINE公式アカウントの作成方法について詳しくは、LINE公式アカウントのヘルプ (opens new window)を参照してください。

はい、友だち追加したLINE公式アカウントは、LINEアプリの友だちリストから削除できます。

LINEアプリで該当のLINE公式アカウントが非表示/ブロックされている場合や、該当のLINE公式アカウントが友だち追加できない状態(例:公式アカウントの友だち数が最大)になっている場合、「友だち追加」ボタンから追加できません。

Safariブラウザのポリシー改定により、LINE Social Pluginsの「いいね」ボタンや「友だち追加」ボタンが正常に動作しない問題が発生しています。

これはLINE Social Pluginsだけではなく、類似サービスでも同様に発生している問題です。LINE Social Pluginsでは、この問題を少しでも早く解決できるよう取り組んでおります。

なお以下の設定を行うと、Safariブラウザでも「いいね」ボタンや「友だち追加」ボタンが利用できます。

[PC版 Safariの設定方法]

  1. Safari > [環境設定] > [プライバシー] > [Webサイトによるトラッキング:]で[サイト超えトラッキングを防ぐ]にチェックを入れる

モバイル版のブラウザでは、ブラウザのポリシーにより、LINE Social Pluginsの「いいね」ボタンが正常に動作しないことがあります。これはLINE Social Pluginsだけではなく、類似サービスでも同様に発生している問題ですが、モバイルアプリの設定を変更することで解決できます。

[Chromeの設定方法]

  1. モバイル端末の[設定] > Chromeアプリを選択 > Chromeをデフォルトのブラウザアプリに設定
  2. iOSの場合は[設定] > Chromeアプリを選択 > クロスサイトトラッキングを許可
  3. Chromeアプリを起動 > アドレスバーの横にある三点アイコンを選択 > [設定]を選択 > [コンテンツ設定](iOS)または[サイトの設定](Android)を選択 > [ポップアップブロック]をオフにする

[Safariの設定方法]

  1. モバイル端末の[設定] > Safariアプリを選択 > Safariをデフォルトブラウザに設定
  2. iOSの場合は[設定] > Safariアプリを選択 > [サイト越えトラッキングを防ぐ]を選択
  3. モバイル端末の[設定] > Safariアプリを選択 > [ポップアップブロック]をオフにする

ブラウザ拡張機能を利用して、テキストの一部分のみをシェアできます。ChromeやWhaleブラウザにLINE Shareをインストール後、シェアしたいテキストをドラッグで選択すると簡単に送信できます。

Chrome LINE Shareへ移動 (opens new window)

Whale LINE Shareへ移動 (opens new window)

「LINEで送る」ボタンからシェアできるのはURLとテキストだけです。シェアしたURLのウェブページ上にある画像や動画を見ることはできますが、画像や動画自体をシェアすることはできません。

文字コードが間違っている可能性があります。UTF-8の文字コードでパーセントエンコードされた文字列が送信されているかご確認ください。

違法な製品やサービス、過度に暴力的なコンテンツ、成人向けコンテンツ、スパムサイトへの誘導は禁止されています。詳しい内容はガイドラインをご確認ください。

モバイルからシェアする際にKeepメモを選択した場合、シェアした内容はKeepメモのトークルームで確認できます。

PCからシェアする際にKeepを選択した場合は、KeepメモのトークではなくKeepに保存されます。

【Keepの確認方法】

PC:PC版LINEの画面左上のメニューからKeepアイコンをクリック

モバイル:LINEアプリの[ホーム] > 画面上部のプロフィールアイコン右の[Keep]をタップ

CORSポリシーによってブロックされたというエラーが表示され、APIが動作しない場合があります。このエラーが表示される場合、同一生成元ポリシー(Same-Origin Policy)によって異なるオリジンのリソースへのアクセスが制限されています。

カスタムアイコンを使用してシェア数を確認するAPIを動作させるには、サーバサイドから呼び出す必要があります。

該当エラーやその他のエラーについてご質問などありましたら、こちら (opens new window)からお問い合わせください。

シェアしたウェブサイトの履歴を確認する機能は提供しておりません。

ネイティブアプリに「LINEで送る」ボタンを設置したい場合は、LINE Social PluginsではなくLINE URLスキームを利用した共有メニューの使用をご検討ください。詳しくは、「LINE URLスキームでLINEの機能を使う」を参照してください

はい、使用できます。作成したボタン画像の設置方法について詳しくは、「カスタムアイコンを使用」を参照してください。

ボタン画像のデザインについて詳しくは、「デザインガイド」を参照してください。

LINE Profile+を用いてユーザーの電話番号を取得することができます。 詳しくは、『法人ユーザー向けオプションドキュメント』の「LINE Profile+のスコープの種類」を参照してください。

LINE Profile+は所定の申請等を行った法人ユーザーのみがご利用いただけます。 利用を希望のお客様は担当営業までご連絡いただくか、弊社パートナー (opens new window)にお問い合わせください。