# ビルトイン機能

LINEミニアプリには、以下のビルトイン機能が組み込まれています。

# アクションボタン

LINEミニアプリのすべてのページに表示されるヘッダーには、デフォルトでアクションボタンが表示されます。

このボタンを使って、LINEミニアプリをユーザーの友だちにシェアできます。 アクションボタンをタップすると、以下のオプションが、ユーザーのLINEの設定言語で表示されます。

項目 説明
シェア 現在開いているページをLINEメッセージでシェアします。メッセージには、以下の要素が含まれます。
  • URL:現在開いているページのパーマネントリンク
  • タイトル:LINE Developersコンソールの[LIFF]タブの[LIFFアプリ名]に入力した名前
  • 詳細:自動的に設定されたテキスト
  • 画像:LINE Developersコンソールの[チャネル基本設定]タブの[チャネルアイコン]に設定した画像
ホームタブに追加/ホームタブから削除 LINEミニアプリのアイコンを、LINEの[ホーム]タブに追加したり、[ホーム]タブから削除したりします。
画面を小さく表示 LIFFブラウザを最小化します。詳しくは『LIFFドキュメント』の「LIFFブラウザを最小化する」を参照してください。
サービス提供元の詳細を見る プロバイダーページを表示します。LINE 11.12.0未満の場合はこのオプションは表示されません。
更新 現在開いているページを再読み込みします。
注意

現在開いているページをシェアするには、LINEミニアプリに対応するLINEバージョンでアクションボタンをタップする必要があります。 ユーザーが使用しているLINEのバージョンが、LINEミニアプリの対応バージョン未満の場合は、アクションボタンをタップしたページに関わらず、LINEミニアプリのホームページがシェアされます。

ヒント
  • カスタムアクションボタンを実装すれば、LINEミニアプリの好きな場所に、好きな形式のシェア機能を実装できます。
  • LINEミニアプリを閉じずに複数のトークルームを行き来するための機能など、新しい機能を追加する予定です。
  • LINEミニアプリでは、アクションボタンを非表示にすることはできません。LINEミニアプリチャネルに追加されているLIFFアプリでは、[モジュールモード]は設定できません。
注意

開発およびテストの期間中も、LINEミニアプリの[シェア]、[画面を小さく表示]、[サービス提供元の詳細を見る]、[更新]の機能は利用できます。ただし[ホームタブに追加]の機能は、LINEミニアプリが審査を通過して公開された後のみ利用できます。この機能は、公開済みチャネルのLIFFにのみ適用され、LINEミニアプリが公開されると自動的に有効になります。

チャネル同意画面は、ユーザーが初めてLINEミニアプリを利用するときに表示されます。チャネル同意画面では、LINEミニアプリごとにアクセス権限を付与するかどうかをユーザーに確認します。

すべてのLINEミニアプリはデフォルトで以下の権限を要求します。

  • ユーザーのプロフィール情報を取得する権限
  • トークへのメッセージを送信する権限
注意

チャネル同意画面では、LINEによって承認された権限のみを、ユーザーに要求できます。 LINE DevelopersコンソールのLINEミニアプリチャネルの設定で、ユーザーに権限を要求する項目を指定できます。