# カスタム機能

さらにユーザー体験を充実させるために、以下の機能をLINEミニアプリに追加できます。

# サービスメッセージ

レストランや宿泊施設の予約の確認通知をユーザーに送信する場合は、「サービスメッセージ」を利用できます。

サービスメッセージは、ユーザーからのリクエストに対する確認や応答としてユーザーが知るべき情報を、LINEミニアプリから通知する機能です。

LINEミニアプリから送られたサービスメッセージは、LINEミニアプリの種類にかかわらず「Service Messages」トークルームに表示されます。

サービスメッセージを送信するには、サービスメッセージAPIを使用します。詳しくは、「サービスメッセージを送信する」を参照してください。

サービスメッセージの送信条件

サービスメッセージは、LINEミニアプリ上でのユーザーの操作(アクション)に対する確認や応答としてのみ送信できます。 値下げ、ショッピング特典、新商品、割引クーポン、プロモーションなどの情報を含む広告やイベントの通知は禁止されています。 サービスメッセージの条件について詳しくは、「サービスメッセージの条件」を参照してください。

# ユーザーをLINE公式アカウントの友だち追加へ誘導する

LINEミニアプリでは、ボットリンク機能を使って、チャネル同意画面、もしくはアクセス許可要求画面からLINE公式アカウントの友だち追加への誘導ができます。

詳しくは、 「チャネルにLINE公式アカウントをリンクする」を参照してください。

bot link feature 1 bot link feature 2

# 決済システムの利用

LINE Payだけでなく、クレジットカードなどの支払い方法をLINEミニアプリに統合できます。詳しくは、「決済システムを利用する」を参照してください。

mini intro linepay

# カスタムアクションボタン

友だち同士で、LINEミニアプリを簡単にシェアするためにビルトインのアクションボタンが用意されていますが、カスタムアクションボタンを実装することもできます。

# LINE Profile+

LINEミニアプリでは、名前、性別、生年月日、電話番号、住所などのユーザー情報を取得してサービスに利用することができます。詳しくは、LINE Profile+を参照してください。

利用するには申請が必要です

この機能は、所定の申請等を行った法人ユーザーのみが利用可能です。 LINEミニアプリ経由でLINE Profile+に登録されたデータをご利用になりたいお客様は、担当営業までご連絡いただくか、弊社パートナー (opens new window)にお問い合わせください。

この機能は、あなたのサービスをより利用しやすく、ユーザーにとって便利にするためのものです。特定の利用目的なく情報を取得したり、過度な情報を取得したり、取得した情報を悪用したりすることは、LINEミニアプリの審査で却下される理由になります。

ユーザー情報の適切な使用の例としては、以下のようなものがありますが、これらに限定されません。

  • 差出人や電話番号、住所などの連絡先情報を自動入力することで、毎回同じ情報を入力する手間を省く
  • ユーザーの性別や誕生日などに合わせた商品をおすすめする