# LINE URLスキームでLINEの機能を使う

以下のURLスキームを使うと、あなたのサービスからスタンプショップを開いたり、カメラを起動したりできます(以降、LINE URLスキームと呼びます)。

  • https://line.me/R/
  • line://(非推奨)
「line://」は非推奨です

line://はURLスキームの乗っ取り攻撃が可能なため非推奨です。 URLスキームの乗っ取り攻撃とは、エンドユーザーのスマートフォンで、LINE以外のアプリがカスタムURLスキームにline://を指定した場合に成立する攻撃です。ユーザーがLINE URLスキームをクリックしたときに、ユーザーおよびLINEの意図に反して、LINE以外のアプリが起動する可能性があります。

LINE URLスキームは、LINEボットでも利用できます。例えば、LINE URLスキームをURIアクションオブジェクトに含めることにより、各種のメッセージリッチメニューを使って、LINE内のコンテンツをユーザーに表示できます。

# LINEをインストールしていない場合の動作

ユーザーがLINE URLスキームを使ったURLにアクセスすると、LINEをインストール済みである場合は、アプリが自動的に起動して特定のコンテンツが表示されます。ユーザーがLINEをインストールしていない場合は、LINE URLスキームの動作はその形式により、以下のように異なります。

LINE URLスキーム LINEをインストールしていない場合の動作
https://line.me/R/ ウェブブラウザが開き、LINEのダウンロードを求めるページが開く。
line://(非推奨) 何も起きないか、エラーページが開く。

# 動作環境

LINE URLスキームは、iOSまたはAndroid版のLINEでサポートされます。ウェブアプリ、モバイルアプリ、またはボットアプリでLINE URLスキームを利用できます。

注意

LINE URLスキームは、デスクトップ版(macOS、Windows)のLINEではサポートされません。

# LINEで利用できるURLスキーム

LINEで利用できるURLスキームは以下のとおりです。

# カメラとカメラロールを開く

カメラまたはカメラロール画面を開いて、トークに画像を送信します。

このURLスキームはLINEのトークでのみサポートされます

このURLスキームは、LINEのトーク(オープンチャットを含む)でのみサポートされます。トーク以外の機能や、LINE以外のアプリ、LIFFアプリではサポートされません。

カメラ画面 カメラロール画面

スキーム 説明
https://line.me/R/nv/camera/ カメラ画面を開きます。
https://line.me/R/nv/cameraRoll/single カメラロール画面を開きます。トーク内で共有する画像を1つ選択できます。
https://line.me/R/nv/cameraRoll/multi カメラロール画面を開きます。トーク内で共有する画像を複数選択できます。

# 位置情報画面を開く

位置情報画面を開きます。位置情報をLINE公式アカウントとシェアできます。

このURLスキームはLINE公式アカウントとの1対1のトークでのみサポートされます

他の種類のトークや、LINE以外のアプリ、LIFFアプリではサポートされません。

位置情報画面

スキーム 説明
https://line.me/R/nv/location/ 位置情報画面を開きます。ユーザーは現在の位置をシェアするか、地図にピンを刺してシェアする位置情報を選択できます。

# LINE公式アカウントをシェアする

指定のLINE公式アカウントに対する[友だちを追加]画面を開くことにより、LINE公式アカウントをシェアして友だち追加を促します。LINE公式アカウントのリンクをLINEの友だちとシェアすることもできます。

LINE公式アカウント画面 LINE公式アカウントに対する[友だちを追加]画面

スキーム 説明
https://line.me/R/ti/p/{LINE ID} ユーザーとLINE公式アカウントの友だち関係に応じて、以下の画面のいずれかを開きます。
  • LINE公式アカウントと友だちの場合:LINE公式アカウントとのトーク画面
  • LINE公式アカウントと友だちでない、LINE公式アカウントをブロックしている場合:LINE公式アカウントに対する[友だちを追加]画面
https://line.me/R/nv/recommendOA/{LINE ID} [送信先を選択]画面を開きます。友だち、グループ、またはトークルームを選択してLINE公式アカウントのリンクをシェアできます。
このURLスキームではLINE IDに含まれる@記号はURLエンコードしないでください

{LINE ID}は、LINE公式アカウントのLINE IDに置き換えてください。なお、LINE IDの先頭の@は、URLエンコードした%40に置き換えず、@のままにしてください。 たとえば、LINE IDが@linedevelopersの場合は、https://line.me/R/ti/p/@linedevelopershttps://line.me/R/nv/recommendOA/@linedevelopersのようにします。

LINE公式アカウントのLINE IDを確認するには?

LINE公式アカウントのLINE IDはLINE Official Account Managerで確認できます。 詳しくは、「LINE公式アカウントのLINE IDをシェアする」を参照してください。

# LINE公式アカウントのタイムラインやアカウントページを開く

LINE公式アカウントのタイムラインやアカウントページを開きます。あなたが管理しているLINE公式アカウントのタイムラインに投稿したり、アカウントページをカスタマイズしたりするには、LINE Official Account Managerを使います。

LINE公式アカウントのタイムライン

スキーム 説明
https://line.me/R/home/public/main?id={LINE ID without @} LINE公式アカウントのタイムラインを開きます。
https://line.me/R/home/public/profile?id={LINE ID without @} LINE公式アカウントのアカウントページを開きます。
注:このスキームがサポートされるバージョンは、LINEバージョン9.10.0以降です。
https://line.me/R/home/public/post?id={LINE ID without @}&postId={postId} LINE公式アカウントの特定のタイムライン投稿を開きます。各投稿のIDは、LINE Official Account Managerの[ホーム]>[タイムライン]ページで確認できます。
このURLスキームではLINE IDの先頭の@を含めないでください

{LINE ID without @}には、LINE IDの先頭の@を含めないでください。 たとえば、LINE IDが@linedevelopersの場合は、https://line.me/R/home/public/main?id=linedevelopersのようにします。

LINE公式アカウントのLINE IDを確認するには?

LINE公式アカウントのLINE IDはLINE Official Account Managerで確認できます。 詳しくは、「LINE公式アカウントのLINE IDをシェアする」を参照してください。

# テキストメッセージを送る

ユーザーの友だちまたはLINE公式アカウントに送信できるテキストメッセージを設定します。テキストメッセージを、クエリパラメータとしてスキームに入力します。クエリパラメータは必ずUTF-8を用いてURLエンコード(パーセントエンコード)してください。

スキーム 説明
https://line.me/R/msg/text/?{text_message} [送信先を選択]画面を開きます。友だち、グループ、またはトークルームを選択して、{text_message}に設定したテキストメッセージを送信できます。Android版のLINEでは、メッセージを、トーク内のノートとしても、タイムラインへの投稿としても送信できます。
https://line.me/R/oaMessage/{LINE ID}/?{text_message} LINE公式アカウントとのトーク画面を開きます。{text_message}に設定したテキストメッセージをLINE公式アカウントに送信できます。
「text_message」はURLエンコードしてください

text_messageは必ずUTF-8を用いてURLエンコードしてください。たとえば、LINE IDが@linedevelopersのLINE公式アカウントに対して、こんにちはというテキストメッセージを送信する場合は、https://line.me/R/oaMessage/@linedevelopers/?%E3%81%93%E3%82%93%E3%81%AB%E3%81%A1%E3%81%AFのようにします。

LINE公式アカウントのLINE IDを確認するには?

LINE公式アカウントのLINE IDはLINE Official Account Managerで確認できます。 詳しくは、「LINE公式アカウントのLINE IDをシェアする」を参照してください。

# プロフィール情報を開く

[プロフィール]画面

[プロフィール]画面を開きます。この画面では、表示名、ステータスメッセージ、およびLINE IDを設定できます。また、さまざまなLINEプロフィール情報を確認できます。

スキーム 説明
https://line.me/R/nv/profile [プロフィール]画面を開きます。
https://line.me/R/nv/profileSetId [ID]画面を開きます。LINE IDが未設定の場合は、LINE IDを設定できます。

# その他の画面を開く

LINEのさまざまな画面を開きます。

[その他]画面

スキーム 説明
https://line.me/R/nv/chat [トーク]画面を開きます。
https://line.me/R/nv/timeline [タイムライン]画面を開きます。
https://line.me/R/nv/more [ウォレット]画面を開きます。
https://line.me/R/nv/addFriends [友だち追加]画面を開きます。
https://line.me/R/nv/officialAccounts [公式アカウント]画面を開きます。

# 設定画面を開く

LINEのさまざまな設定画面を開きます。

[設定]画面

スキーム 説明
https://line.me/R/nv/settings [設定]画面を開きます。
https://line.me/R/nv/settings/account [アカウント]設定画面を開きます。ユーザーのLINEアカウント情報が表示されます。
https://line.me/R/nv/connectedApps [アカウント]>[連動アプリ]設定画面を開きます。この画面では、認証済みアプリに付与されている権限を確認したり、アプリの連動を解除したりできます。
https://line.me/R/nv/connectedDevices [アカウント]>[ログイン中の端末]設定画面を開きます。
https://line.me/R/nv/settings/privacy [プライバシー管理]設定画面を開きます。
https://line.me/R/nv/things/deviceLink [LINE Things]設定画面を開きます。LINEとデバイスを連携したり、連携済みのデバイスを確認したりする画面です。
https://line.me/R/nv/settings/sticker [スタンプ]設定画面を開きます。
https://line.me/R/nv/stickerShop/mySticker [スタンプ]>[マイスタンプ]設定画面を開きます。
https://line.me/R/nv/settings/themeSettingsMenu(iOS)、https://line.me/R/nv/settings/theme(Android) [着せかえ]設定画面を開きます。
iOSとAndroidでスキームが異なります。
https://line.me/R/nv/themeSettings [着せかえ]>[マイ着せかえ]設定画面を開きます。
https://line.me/R/nv/notificationServiceDetail [通知]>[連動アプリ]設定画面を開きます。この画面では、連動アプリの通知設定を設定できます。
https://line.me/R/nv/settings/chatSettings [トーク]設定画面を開きます。
https://line.me/R/nv/suggestSettings [トーク]>[サジェスト表示]設定画面を開きます。
https://line.me/R/nv/settings/callSettings [通話]設定画面を開きます。
https://line.me/R/nv/settings/addressBookSync [友だち]設定画面を開きます。
https://line.me/R/nv/settings/timelineSettings [タイムライン]設定画面を開きます。

# スタンプショップを開く

LINE内の[スタンプショップ]画面を開きます。公式スタンプまたはクリエイターズスタンプの画面を開けます。ユーザー向けに独自のスタンプセットを作成するには、LINE Creators MarketサイトとLNE Creators Studioアプリを参照してください。

[スタンプショップ]画面

# 公式スタンプ

スキーム 説明
https://line.me/R/shop/sticker/detail/{package_id} 指定されたスタンプの[スタンプ情報]画面を開きます。パッケージIDは、LINE STOREの[公式スタンプ]セクション内のスタンプページのURLで確認できます。
https://line.me/R/shop/category/{category_id} 指定されたカテゴリの人気ランキングが表示されます。カテゴリIDは、LINE STOREの[公式スタンプ]セクション内のカテゴリページのURLで確認できます。
https://line.me/R/shop/sticker/author/{author_id} 指定された作成者のスタンプリストを開きます。作成者IDは、LINE STOREの[公式スタンプ]セクション内の作成者ページのURLで確認できます。
https://line.me/R/nv/stickerShop [スタンプショップ]画面の[ホーム]タブを開きます。
https://line.me/R/shop/sticker/hot [スタンプショップ]画面の[人気]タブを開きます。
https://line.me/R/shop/sticker/new [スタンプショップ]画面の[新着]タブを開きます。
https://line.me/R/shop/sticker/event [スタンプショップ]画面の[イベント]タブを開きます。
https://line.me/R/shop/sticker/category [スタンプショップ]画面の[カテゴリー]タブを開きます。

# クリエイターズスタンプ

スキーム 説明
https://line.me/R/shop/sticker/detail/{package_id} 指定されたクリエイターズスタンプの[スタンプ情報]画面を開きます。パッケージIDは、LINE STOREの[クリエイターズスタンプ]セクション内のスタンプページのURLで確認できます。
https://line.me/R/shop/sticker/author/{author_id} 指定された作成者のスタンプリストを開きます。作成者IDは、LINE STOREの[クリエイターズスタンプ]セクション内の作成者ページのURLで確認できます。

# 着せかえショップを開く

LINE内の[着せかえショップ]画面を開きます。URLスキーム内でクエリパラメータを使って着せかえIDを指定します。

[着せかえショップ]画面

スキーム 説明
https://line.me/R/shop/theme/detail?id={product_id} 指定された公式着せかえ、またはクリエイターズ着せかえの[着せかえ情報]画面を開きます。着せかえのプロダクトIDは、LINE STOREの[公式着せかえ]セクション内、または[クリエイターズ着せかえ]セクション内の着せかえページのURLで確認できます。

# LINE Outで発信する

LINE Outは、LINEで電話をかけられるサービスです。パスパラメータとして電話番号を渡し、LINE Outの画面を開くことができます。

注意

LINE Outは、一部の国ではご利用いただけません。詳しくは、LINE Outの[ご利用方法]ページを参照してください。

[LINE Out]ダイヤルパッド画面

スキーム 説明
https://line.me/R/call/{country_calling_code}/{phone_number} 電話番号を設定して[LINE Out]ダイヤルパッド画面を開きます。国番号と電話番号をパスパラメータとして指定します。URLに「+」記号を含めないでください。例えば、国番号が「+81」で、電話番号が「090-0123-4567」の場合は、https://line.me/R/call/81/09001234567と設定します。
https://line.me/R/calls LINE Outの[通話]画面を開きます。
https://line.me/R/call/dialpad [LINE Out]ダイヤルパッド画面を開きます。
https://line.me/R/call/settings [LINE Out設定]画面を開きます。
https://line.me/R/call/contacts [連絡先]画面を開きます。
https://line.me/R/call/redeem [LINE Outクレジットに引き換え]画面を開きます。

# LIFFアプリを開く

LIFFアプリは、LINE Front-end Frameworkを利用して動作するウェブアプリです。

LIFFアプリ

スキーム 説明
https://liff.line.me/{liffId} 指定されたLIFFアプリを開きます。このURLは、LINE DevelopersコンソールでLIFFアプリをチャネルに追加したときに表示されます。なお、ユーザーがこのURLにアクセスすると、外部ブラウザまたはLINEでLIFFアプリが起動します。どちらの環境で起動するかは、ユニバーサルリンクまたはApp Linksの仕様に従います。
line://app/{liffId}(非推奨) 指定されたLIFFアプリを開きます。