# LINE URLスキームでLINEの機能を使う

以下のURLスキームを使うと、あなたのサービスからスタンプショップやLIFFアプリを開いたり、カメラを起動したりできます(以降、LINE URLスキームと呼びます)。 LINE URLスキームは、LINE公式アカウントでも利用できます。たとえば、リッチメニューにLINE URLスキームを開くアクションを設定しておくことで、メニューをタップしたユーザーに対してLINE内のコンテンツを表示できます。

  • https://line.me/R/
  • https://liff.line.me/
  • line://(非推奨)
「line://」は非推奨です

line://はURLスキームの乗っ取り攻撃が可能なため非推奨です。 line://に対するURLスキームの乗っ取り攻撃とは、ユーザーがline://で始まるURLにアクセスした際に、ユーザーおよびLINEの意図に反して、LINE以外のアプリを起動させる攻撃のことです。特定の条件を満たした場合にのみ成立します。

なお、line://を廃止する時期は未定です。

LINE以外のネイティブアプリを起動するURLスキームはLINE社では提供していません

LINE以外のネイティブアプリを起動するURLスキームは、LINE社では提供していません。ただし他社が提供するネイティブアプリにおいて、そのアプリを起動するURLスキームが用意されている場合は、そのURLスキームをLINEのリッチメニューやFlex Message等のURIアクションで利用することはできます。

# LINEをインストールしていない場合の動作

ユーザーがLINE URLスキームを使ったURLにアクセスすると、LINEをインストール済みである場合は、LINEが自動的に起動して特定のコンテンツが表示されます。ユーザーがLINEをインストールしていない場合は、LINE URLスキームの動作はその形式により、以下のように異なります。

LINE URLスキーム LINEをインストールしていない場合の動作
https://line.me/R/ ウェブブラウザが開き、LINEのダウンロードを求めるページが開く。
line://(非推奨) 何も起きないか、エラーページが開く。

# 動作環境

LINE URLスキームは、iOS版LINEまたはAndroid版LINEをインストールしたスマートフォンで利用できます。

注意

LINE URLスキームは、デスクトップ版(macOS、Windows)のLINEではサポートされません。

# LINEで利用できるURLスキーム

指定の動作環境において、以下のURLスキームを利用できます。

# カメラとカメラロールを開いて画像を送る

カメラまたはカメラロール画面を開いて、トークに画像を送信します。

このURLスキームはLINEのトークでのみサポートされます

このURLスキームは、LINEのトーク(オープンチャットを含む)でのみサポートされます。トーク以外の機能や、LINE以外のアプリ、LIFFアプリではサポートされません。

カメラ画面 カメラロール画面

LINE URLスキーム 説明
https://line.me/R/nv/camera/ カメラ画面を開きます。
前面カメラ(インカメラ)と背面カメラ(アウトカメラ)など複数のカメラが搭載されているスマートフォンの場合、使用するカメラを指定することはできません。
https://line.me/R/nv/cameraRoll/single カメラロール画面を開きます。トーク内で共有する画像を1つ選択できます。
https://line.me/R/nv/cameraRoll/multi カメラロール画面を開きます。トーク内で共有する画像を複数選択できます。

# 位置情報を送る

位置情報画面を開いて、位置情報をLINE公式アカウントに送信します。

このURLスキームはLINE公式アカウントとの1対1のトークでのみサポートされます

他の種類のトークや、LINE以外のアプリ、LIFFアプリではサポートされません。

位置情報画面

LINE URLスキーム 説明
https://line.me/R/nv/location/ 位置情報画面を開きます。ユーザーは、地図にピンを刺してシェアする位置情報を選択できます。

# LINE公式アカウントをシェアする

指定したLINE公式アカウントをユーザーやユーザーの友だちにおすすめして、LINE公式アカウントを友だち追加するように促します。

LINE公式アカウントのプロフィール

LINE URLスキーム 説明
https://line.me/R/ti/p/{LINE ID} 指定したLINE公式アカウントを友だち追加するため、プロフィールを開きます。対象のLINE公式アカウントとすでに友だちだった場合は、1対1のトーク画面を開きます。
注:LINEバージョン11.2.0未満では、指定したLINE公式アカウントの[友だちを追加]画面を開きます。
https://line.me/R/nv/recommendOA/{LINE ID} [送信先を選択]画面を開きます。友だち、グループ、またはトークルームを選択してLINE公式アカウントのリンクをシェアできます。
このURLスキームではLINE IDに含まれる@記号はURLエンコードしないでください

{LINE ID}は、LINE公式アカウントのLINE IDに置き換えてください。ベーシックIDとプレミアムIDのどちらも指定できます。なお、LINE IDの先頭の@は、URLエンコードした%40に置き換えず、@のままにしてください。 たとえば、LINE IDが@linedevelopersの場合は、https://line.me/R/ti/p/@linedevelopershttps://line.me/R/nv/recommendOA/@linedevelopersのようにします。

LINE公式アカウントのLINE IDを確認するには?

LINE公式アカウントのLINE IDはLINE Official Account Manager (opens new window)で確認できます。 詳しくは、「LINE公式アカウントのLINE IDをシェアする」を参照してください。

パソコンのブラウザで開いた場合の挙動について

https://line.me/R/ti/p/{LINE ID}をパソコンのブラウザで開いた場合、以下の条件をすべて満たしていれば、LINE公式アカウントのWeb版プロフィールがQRコード付きで表示されます。(例:LINE FRIENDSのLINE公式アカウント https://line.me/R/ti/p/@linecharacter (opens new window)

  • LINE公式アカウントが認証済アカウントである
  • Web版プロフィールを「利用する」設定にしている

条件を満たしていない場合はLINE公式アカウントのQRコードが表示されます。利用中の未認証アカウントを認証済アカウントに変更したり、Web版プロフィールを利用したりするための設定は、LINE Official Account Manager (opens new window)から行えます。

# LINE公式アカウントのタイムラインやプロフィールを開く

LINE公式アカウントのタイムラインやプロフィールを開きます。

LINE公式アカウントのタイムライン

LINE URLスキーム 説明
https://line.me/R/home/public/main?id={LINE ID without @} 指定したLINE公式アカウントのタイムラインを開きます。
https://line.me/R/home/public/profile?id={LINE ID without @} 指定したLINE公式アカウントのプロフィールを開きます。
注:このスキームがサポートされるバージョンは、LINEバージョン9.10.0以降です。
https://line.me/R/home/public/post?id={LINE ID without @}&postId={postId} 指定したLINE公式アカウントの特定のタイムライン投稿を開きます。各投稿のIDは、LINE Official Account Manager (opens new window)の[ホーム]>[タイムライン]ページで確認できます。
このURLスキームではLINE IDの先頭の@を含めないでください

{LINE ID without @}は、LINE公式アカウントのLINE IDに置き換えてください。ベーシックIDとプレミアムIDのどちらも指定できます。なお、LINE IDの先頭の@を含めないでください。 たとえば、LINE IDが@linedevelopersの場合は、https://line.me/R/home/public/main?id=linedevelopersのようにします。

LINE公式アカウントのLINE IDを確認するには?

LINE公式アカウントのLINE IDはLINE Official Account Manager (opens new window)で確認できます。 詳しくは、「LINE公式アカウントのLINE IDをシェアする」を参照してください。

LINE公式アカウントのタイムラインに投稿するには?

あなたが管理しているLINE公式アカウントのタイムラインに投稿したり、プロフィールをカスタマイズしたりするには、LINE Official Account Manager (opens new window)を使います。

# テキストメッセージを送る

ユーザーの友だちまたはLINE公式アカウントに送信するテキストメッセージを設定できます。

LINE URLスキーム 説明
https://line.me/R/share?text={text_message} [送信先を選択]画面を開きます。友だち、グループ、またはトークルームを選択して、{text_message}に設定したテキストメッセージを送信できます。テキストはKeepやタイムライン、他のアプリにも送信できます。
https://line.me/R/oaMessage/{LINE ID}/?{text_message} LINE公式アカウントとのトーク画面を開きます。{text_message}に設定したテキストメッセージをLINE公式アカウントに送信できます。
送信先を選択してテキストメッセージを送信するためのURLスキームについて

送信先を選択してテキストメッセージを送信するためのURLスキームは、以前のhttps://line.me/R/msg/text/?{text_message}も引き続きご利用いただけますが、https://line.me/R/share?text={text_message}の利用を推奨します。

「text_message」はURLエンコードしてください

{text_message}はUTF-8を用いてURLエンコード(パーセントエンコード) (opens new window)してください。たとえば、LINE IDが@linedevelopersのLINE公式アカウントに対して、こんにちはというテキストメッセージを送信する場合は、https://line.me/R/oaMessage/@linedevelopers/?%E3%81%93%E3%82%93%E3%81%AB%E3%81%A1%E3%81%AFのようにします。

このURLスキームではLINE IDに含まれる@記号はURLエンコードしないでください

{LINE ID}は、LINE公式アカウントのLINE IDに置き換えてください。ベーシックIDとプレミアムIDのどちらも指定できます。なお、LINE IDの先頭の@は、URLエンコードした%40に置き換えず、@のままにしてください。 たとえば、LINE IDが@linedevelopersの場合は、https://line.me/R/oaMessage/@linedevelopers?messageのようにします。

LINE公式アカウントのLINE IDを確認するには?

LINE公式アカウントのLINE IDはLINE Official Account Manager (opens new window)で確認できます。 詳しくは、「LINE公式アカウントのLINE IDをシェアする」を参照してください。

# プロフィール情報を開く

[プロフィール]画面

ユーザーの[プロフィール]画面を開きます。この画面では、表示名、ステータスメッセージ、およびLINE IDを設定できます。また、さまざまなLINEプロフィール情報を確認できます。

LINE URLスキーム 説明
https://line.me/R/nv/profile ユーザーの[プロフィール]画面を開きます。
https://line.me/R/nv/profileSetId ユーザーの[ID]画面を開きます。LINE IDが未設定の場合は、LINE IDを設定できます。

# その他の画面を開く

LINEのさまざまな画面を開きます。

[その他]画面

LINE URLスキーム 説明
https://line.me/R/nv/chat [トーク]画面を開きます。
https://line.me/R/nv/timeline [タイムライン]画面を開きます。
https://line.me/R/nv/wallet [ウォレット]画面を開きます。
https://line.me/R/nv/addFriends [友だち追加]画面を開きます。
https://line.me/R/nv/officialAccounts [公式アカウント]画面を開きます。
[ウォレット]画面を開くためのURLスキームが変わりました

[ウォレット]画面を開くためのURLスキームは、https://line.me/R/nv/walletに変わりました。以前のhttps://line.me/R/nv/moreは、iOS版またはAndroid版のLINEバージョン10.21.0未満でのみ使用できます。

# 設定画面を開く

LINEのさまざまな設定画面を開きます。

[設定]画面

LINE URLスキーム 説明
https://line.me/R/nv/settings [設定]画面を開きます。
https://line.me/R/nv/settings/account [アカウント]設定画面を開きます。ユーザーのLINEアカウント情報が表示されます。
https://line.me/R/nv/connectedApps [アカウント]>[連動アプリ]設定画面を開きます。この画面では、認証済みアプリに付与されている権限を確認したり、アプリの連動を解除したりできます。
https://line.me/R/nv/connectedDevices [アカウント]>[ログイン中の端末]設定画面を開きます。
https://line.me/R/nv/settings/privacy [プライバシー管理]設定画面を開きます。
https://line.me/R/nv/things/deviceLink [LINE Things]設定画面を開きます。LINEとデバイスを連携したり、連携済みのデバイスを確認したりする画面です。
https://line.me/R/nv/settings/sticker [スタンプ]設定画面を開きます。
https://line.me/R/nv/stickerShop/mySticker [スタンプ]>[マイスタンプ]設定画面を開きます。
https://line.me/R/nv/settings/themeSettingsMenu(iOS)、https://line.me/R/nv/settings/theme(Android) [着せかえ]設定画面を開きます。
iOSとAndroidでスキームが異なります。
https://line.me/R/nv/themeSettings [着せかえ]>[マイ着せかえ]設定画面を開きます。
https://line.me/R/nv/notificationServiceDetail [通知]>[連動アプリ]設定画面を開きます。この画面では、連動アプリの通知設定を設定できます。
https://line.me/R/nv/settings/chatSettings [トーク]設定画面を開きます。
https://line.me/R/nv/suggestSettings [トーク]>[サジェスト表示]設定画面を開きます。
https://line.me/R/nv/settings/callSettings [通話]設定画面を開きます。
https://line.me/R/nv/settings/addressBookSync [友だち]設定画面を開きます。
https://line.me/R/nv/settings/timelineSettings [タイムライン]設定画面を開きます。

# スタンプショップを開く

公式スタンプやクリエイターズスタンプの購入を促すために、LINE内で[スタンプショップ]画面を開きます。

[スタンプショップ]画面

LINE URLスキーム 説明
https://line.me/R/shop/sticker/detail/{package_id} 指定されたスタンプの[スタンプ情報]画面を開きます。{package_id}には、LINE STORE (opens new window)のスタンプページのURLに含まれる数字を指定します。
https://line.me/R/shop/category/{category_id} [公式スタンプ]セクション内の指定されたカテゴリの人気ランキングが表示されます。{category_id}には、LINE STORE (opens new window)の[公式スタンプ]セクション内のカテゴリページのURLに含まれる数字を指定します。
https://line.me/R/shop/sticker/author/{author_id} 指定された作成者のスタンプリストを開きます。{author_id}には、LINE STORE (opens new window)のスタンプの作成者ページのURLに含まれる数字を指定します。
https://line.me/R/nv/stickerShop [スタンプショップ]画面の[ホーム]タブを開きます。
https://line.me/R/shop/sticker/hot [スタンプショップ]画面の[人気]タブを開きます。
https://line.me/R/shop/sticker/new [スタンプショップ]画面の[新着]タブを開きます。
https://line.me/R/shop/sticker/event [スタンプショップ]画面の[イベント]タブを開きます。
https://line.me/R/shop/sticker/category [スタンプショップ]画面の[カテゴリー]タブを開きます。
独自のスタンプセットを作成するには?

ユーザー向けに独自のスタンプセットを作成するには、LINE Creators Market (opens new window)サイトとLNE Creators Studio (opens new window)アプリを参照してください。

# 着せかえショップを開く

公式着せかえやクリエイターズ着せかえの購入を促すために、LINE内で[着せかえショップ]画面を開きます。

[着せかえショップ]画面

LINE URLスキーム 説明
https://line.me/R/shop/theme/detail?id={product_id} 指定された公式着せかえ、またはクリエイターズ着せかえの[着せかえ情報]画面を開きます。{product_id}には、LINE STORE (opens new window)の[公式着せかえ]セクション内、または[クリエイターズ着せかえ]セクション内の着せかえページのURLに含まれる数字を指定します。

# LINE Outで発信する

LINE Out (opens new window)は、LINEで電話をかけられるサービスです。LINE Outの画面を開きます。たとえば、任意の電話番号を指定して[LINE Out]ダイヤルパッド画面を表示することもできます。

注意

LINE Outは、一部の国ではご利用いただけません。詳しくは、LINE Outの[ご利用方法 (opens new window)]ページを参照してください。

[LINE Out]ダイヤルパッド画面

LINE URLスキーム 説明
https://line.me/R/call/{country_calling_code}/{phone_number} 電話番号を設定して[LINE Out]ダイヤルパッド画面を開きます。国番号 (opens new window)と電話番号をパスパラメータとして指定します。URLに「+」記号を含めないでください。たとえば、国番号が「+81」で、電話番号が「090-0123-4567」の場合は、https://line.me/R/call/81/09001234567と設定します。
https://line.me/R/calls LINE Outの[通話]画面を開きます。
https://line.me/R/call/dialpad [LINE Out]ダイヤルパッド画面を開きます。
https://line.me/R/call/settings [LINE Out設定]画面を開きます。
https://line.me/R/call/contacts [連絡先]画面を開きます。
https://line.me/R/call/redeem [LINE Outクレジットに引き換え]画面を開きます。

# LIFFアプリを開く

指定したLIFFアプリを開きます。LIFFアプリは、LINE Front-end Frameworkを利用して動作するウェブアプリです。

LIFFアプリ

LINE URLスキーム 説明
https://liff.line.me/{liffId} {liffId}で指定したLIFFアプリを開きます。このURLは、LINE DevelopersコンソールでLIFFアプリをチャネルに追加したときに表示されます。
https://liff.line.me/{liffId}/path_A/path_B/?key1=value1&key2=value2 {liffId}で指定したLIFFアプリを開くときに、/path_A/path_B/?key1=value1&key2=value2 を追加情報として渡します。
リダイレクト先について

LIFFアプリを開いたときのリダイレクト先について詳しくは、「LIFFアプリを開く」を参照してください。

# URLを外部ブラウザで開く

LINEアプリから以下のクエリパラメータを付与した任意のURLにアクセスすると、LINE内ブラウザの代わりに外部ブラウザでURLを開きます。

このLINE URLスキームはLIFFアプリではサポートされません

このLINE URLスキームは、LINEアプリからアクセスするすべてのURLで機能します。ただし、LIFFアプリのみ例外的にサポートされないため、たとえばLIFF URLにクエリパラメータを付与しても機能しません。

LINE URLスキーム 説明
https://example.com/?openExternalBrowser=1 対象のURLを外部ブラウザで開きます。
https://example.com/?openInAppBrowser=0 対象のURLをChromeカスタムタブで開きます。(Android版LINEのみ対応)[1]

  1. QRコードリーダーを起動してURLを読み込んだ場合、当該クエリパラメータが付与されていなくても対象のURLをChromeカスタムタブで開きます。 ↩︎