# 概要

LINEでは、LINEプラットフォームを通じて以下のような機能を、サードパーティの開発者に提供しています。

  • LINEアカウントの認証情報を利用してユーザー認証をする機能(LINEログイン)
  • ユーザーとLINEのメッセージをやり取りする機能(Messaging API)

開発者は、LINE Developersコンソールと呼ばれる管理ツールで、利用する機能に対応するチャネルを作成することで、LINEプラットフォームが提供する機能の利用を許諾されます。

LINE Developersコンソールにログイン

LINE Developersコンソールでは、開発者プロバイダー、およびチャネルを管理できます。

概要

# 開発者

LINE Developersサイトでは、LINE Developersコンソールにアクセスする人のことを開発者と呼びます。

プロバイダーとチャネルに開発者を登録することで、開発者ごとに、LINE Developersコンソールで閲覧および編集できる情報を限定できます。 たとえば、開発者Aが作成したチャネルの権限を、ほかの開発者Bに付与できます。権限を付与する方法について詳しくは、「権限を管理する」を参照してください。

Messaging APIのチャネルの権限を付与する際の制限

開発者AがMessaging APIのチャネルを100個管理している場合、ほかの開発者Bが作成したMessaging APIのチャネルに、開発者Aを追加することはできません。

# プロバイダー

LINE Developersサイトでは、サービスを提供し、ユーザーの個人情報を取得する開発者個人、企業、または団体等をサービス提供者と呼びます。 LINE Developersコンソールでは、サービス提供者をプロバイダーとして登録します。

# プロバイダーを作成する

  1. LINE Developerコンソールのホーム画面にあるプロバイダーページで、[作成]をクリックします。

  2. 新規プロバイダー作成]画面で希望する[プロパイダー名]を入力し、[作成]をクリックして確認します。

ヒント
  • プロバイダー名は、ユーザーが確認する同意画面に表示されます。ユーザーは、プロバイダー名をもとにサービス提供者を判断します。そのため、プロバイダー名には一時的な名称(例:組織内でのみ使われているブランド名称、プロジェクトの名称など)を設定しないでください。

    Sample Provider

  • 企業または団体としてサービスを提供する場合は、その企業または団体の名前でプロバイダーを作成してください。

  • 同じサービス提供者が利用するチャネルは、同じプロバイダーの中に作成してください。

# プロバイダーを削除する

プロバイダーの権限に応じて表示される[プロバイダー設定]タブの[削除]ボタンをクリックすると、プロバイダーを削除できます。プロバイダー権限について詳しくは、「プロバイダーの権限」を参照してください。

# 認証プロバイダーについて

ユーザーが確認する同意画面に、認証プロバイダーバッジを表示できます。

認証プロバイダーバッジ

認証プロバイダーバッジは、プロバイダーを作成したサービス提供者が本物であることをLINEが確認した証です。 LINEが確認する内容は以下のとおりです。

  • 実在している組織であること
  • その組織に所属している人(またはその代理人)からの申請であること
  • プライバシーポリシーを定め、公開している組織であること
認証プロバイダーバッジを表示するには手続きが必要です

認証プロバイダーバッジは、所定の申請等を行った法人ユーザーのみが表示できます。 認証プロバイダーバッジを表示したいお客様は、担当営業までご連絡いただくか、弊社パートナー (opens new window)にお問い合わせください。

注意
  • 認証プロバイダーバッジは、サービス提供者が提供するサービスに対するLINEによる支持、保証等を示すものではありません。
  • 一度認証されたプロバイダー名を変更する場合は、申請およびLINEでの審査が必要です。

# チャネル

チャネルは、LINEプラットフォームが提供する機能を、サービス提供者が利用するための通信路です。 LINEプラットフォームを利用するサービスを開発するには、チャネルを作成します。

Channel

なおLINEプラットフォームは、チャネルに関連付けられた認証情報を利用して、開発者がLINEプラットフォームを利用する権限を持っていることを確認しています。

ユーザー情報を保護するための禁止事項

複数のサービスでLINEプラットフォームを利用する場合、それぞれのサービスで取得したLINEユーザ情報を紐づけてはいけません。

# チャネルを作成する

  1. プロバイダーページの[チャネル設定]タブから作成したいチャネルの種類を選択します。 LINE Developerコンソールで作成できるチャネルの種類は、以下のとおりです。

    種類 説明
    LINEログイン LINEアカウントの資格情報を使用して、開発したサービスのユーザーを認証できます。
    Messaging API 開発したボットを使用して、ユーザーとメッセージを交換できます。
    CLOVAスキル 開発したCLOVAスキルを使用して、CLOVAデバイスを介した新しいサービスを提供できます。詳しくは、CLOVA Developer Centerガイド (opens new window)を参照してください。
    ブロックチェーンサービス ブロックチェーンサービスを利用したサービスを提供できます。 詳細については、LINE BlockchainDocsを参照してください。詳しくは、LINE Blockchain Docs (opens new window)を参照してください。
    LINEミニアプリ ネイティブアプリを開発することなくLINEミニアプリでサービスを提供できます。
  2. チャネル名と必須またはオプションの情報を入力し、[作成]をクリックします。

LINEログインのチャネルを利用する場合の注意
  • LINEログインのチャネルを作成した直後は、チャネルが[非公開]に設定されています。
  • 非公開]に設定されている場合は、チャネルのAdminまたTesterとして登録されている開発者だけが、LINEログインを利用できます。
  • エンドユーザーがLINEログインを利用できるようにするためには、LINEログインのチャネルを[公開]してください。
複数のチャネルを連携するサービスを開発する場合の注意
  • Messaging APIのチャネルとLINEログインのチャネルを連携するサービスを開発する場合は、各チャネルを同じプロバイダーの中に作成してください。
  • 開発者が提供するサービスを利用するLINEユーザーは、プロバイダーごとに異なるユーザーIDを割り当てられます。異なるプロバイダーを利用するチャネル間では、ユーザーIDを利用して同一ユーザーであることを確認できません。
  • チャネルを作成したあとで、ほかのプロバイダーに移動することはできません。

# チャネルを削除する

チャネルの権限に応じて表示される[チャネル基本設定]タブの[削除]ボタンをクリックすると、チャネルを削除できます。 チャネル権限について詳しくは、「チャネルの権限」を参照してください。

# 作成できるチャネルの数について

1つのプロバイダーごとに、最大100個のチャネルを作成できます。101個目のチャネルは、作成できません。

LINE Official Account Managerの制限

LINE Official Account Managerでは、1アカウントごとに、LINE公式アカウントを100個まで作成できます。