# FAQタグ:#LINE公式アカウント

Q
Bot Designerでリッチメニューを作成しましたが動作しません。

リッチメニューをアクティブにするには、Chatsモードで画面右下にある[Rich Menu]ペイン内のリッチメニューをクリックします。

Q
Bot Designerでテンプレートメッセージを作成しましたがリンクが動作しません。

URLに「http://」または「https://」が含まれていることを確認してください。リンクはブラウザで使用されるURLと同じフォーマットで指定する必要があります。

Chatsモードでトークにメッセージを追加すると、アクションは実際のボットで実行する場合と同様に動作します。

セキュリティを保つため、実際のボットで使用できるURLは「https://」で始まるものに限られます。LINE Bot Designerでは、プロトタイプを作成しやすくするため、この制限がかけられていません。

Q
プロフィールページ下部に表示される企業名を変更することはできますか?

プロフィールページの下部に表示されている企業名は、プロバイダー名です。

プロバイダー名は、下記の手順で変更できます。

  • 認証プロバイダーの場合(認証プロバイダーには企業名の前に認証プロバイダーバッジが表示されます)

    弊社への申請が必要であるため、担当営業までご連絡ください。

  • 未認証プロバイダーの場合

    LINE Developersコンソールでプロバイダーを選択して、[プロバイダー設定]タブをクリックします。「基本情報」にある「プロバイダー名」の[編集]ボタンをクリックします。

Provider name edit

※ プロバイダー名を変更してからプロフィールページに反映されるまでに時間がかかる場合があります。

Q
チャネルはいくつ作成できますか?

『LINE Developersコンソールドキュメント』の「作成できるチャネルの数について」を参照してください。

Q
ユーザーの電話番号はどうしたら取得できますか?

LINE Profile+を用いてユーザーの電話番号を取得することができます。 詳しくは、『法人ユーザー向けオプションドキュメント』の「LINE Profile+のスコープの種類」を参照してください。

LINE Profile+は所定の申請等を行った法人ユーザーのみがご利用いただけます。 利用を希望のお客様は担当営業までご連絡いただくか、弊社パートナー (opens new window)にお問い合わせください。

Q
トークとLINE VOOM内のURLプレビューはどのようにして生成されますか?

LINEでは、ウェブサイトのOpen Graphタグを使用してURLプレビューが生成されます。

LINEで使用される3つのOGPタグ:

# Open Graph Protocol タグ
1 og:title <meta property="og:title" content="LINE : Free Calls & Messages">
2 og:description <meta property="og:description" content="LINE is a new communication app">
3 og:image <meta property="og:image" content="http://static.naver.jp/line_lp/img/ogp.png">

URLプレビューの例:

URL preview in chat

OGPの設定

OGPの設定をしていない場合でも、URL内の記載の任意の文言・画像などが自動取得され、URLプレビューが生成されます。

たとえば、Titleは、og:titleの情報がなければ、titleタグ内テキストが読み込まれます。Summaryは、og:descriptionの情報がなければ、descriptionタグ内テキストかbody内のテキストが読み込まれます(該当の情報がなければ、何も読み込まれないこともあります)。

なおLINEで使用されるのは上記の3つのOGPタグのみです。それ以外のOGPタグからの情報はURLプレビューに含まれません。

ヒント

キャッシュを削除するツール (opens new window)でURLプレビューのLINEサーバー側のキャッシュを削除することができます。

Q
LINE公式アカウントを友だち追加しているユーザーをブロックすることはできますか?

LINE公式アカウントを友だち追加しているユーザーを、LINE公式アカウント側からブロックすることはできません。

Q
ユーザーがLINE公式アカウントの友だちかどうかを判別できますか?

Webhookイベントのフォローイベントフォロー解除イベントで判別できます。なお、ユーザーがLINE公式アカウントの友だちかどうかを判別するためのエンドポイントはありません。

Q
LINE公式アカウントが参加している、グループトークと複数人トークの一覧は取得できますか?

現在、LINE公式アカウントが参加している、グループトークと複数人トークの一覧は取得できません。

Q
メッセージやリッチメニューを国際化や多言語化できますか?

現在、ユーザーの言語に応じて、メッセージやリッチメニューの言語を切り替える機能はありません。

プロフィール情報を取得するエンドポイントを使って、ユーザーの言語を取得した上で、ユーザーの言語に応じたメッセージの送信やユーザー単位のリッチメニューの設定を行ってください。

Q
リッチメニューの背景を透過させることはできますか?

いいえ、リッチメニューの背景を透過させることはできません。

Q
LINE公式アカウントの友だち追加経路をユーザー単位で確認できますか?

特定のユーザーがLINE公式アカウントをどの経路で友だち追加したのかは、Messaging APIでは確認できません。

個人を特定できない、友だち追加経路の統計情報は、LINE Official Account Manager (opens new window)で確認できます。詳しくは、『LINEヤフー for Business』の「分析 - 友だち (opens new window)」を参照してください。

Q
ユーザーが友だちにLINE公式アカウントをシェアした際、友だち紹介の結果(友だち追加の有無や人数)をLINE公式アカウント側で取得できますか?

いいえ、できません。

紹介された相手がLINE公式アカウントを友だち追加またはブロック解除すると、LINEプラットフォームからボットサーバーにWebhookのフォローイベントが送信されます。しかし、そのユーザーがLINE公式アカウントをどの経路で友だち追加したのか(誰の紹介で友だち追加したのか)は、Messaging APIでは確認できません。

また友だち紹介の結果、何人が友だち追加したかという人数も取得できません。

Q
LINE公式アカウントから送信したメッセージが未読か既読かを、ユーザー単位で確認する方法はありますか?

Messaging APIでは、ユーザーがメッセージを読んだかどうかを確認する方法は提供していません。なお、送信したメッセージの統計情報は、以下のエンドポイントで確認できます。

Q
Messaging APIでPDFファイルを送ることはできますか?

Messaging APIでPDFファイルを送ることはできません。

Q
購入したスタンプや自社のスタンプをMessaging APIで送信できますか?

Messaging APIでは、「スタンプ」に記載されているスタンプのみを送信できます。

それ以外のスタンプは、以下の方法で送信できます。

  • ご自身のLINEアカウントで所持しているスタンプは、LINE Official Account Manager (opens new window)およびLINE公式アカウント管理アプリの「チャット」で送信できます。詳しくは、『LINEヤフー for Business』の「チャット (opens new window)」を参照してください。
  • スポンサードスタンプやクリエイターズスタンプなど、自社でライセンスを保有しているスタンプを送信する機能は、所定の申請等を行った法人ユーザーのみがご利用いただけます。自社のLINE公式アカウントでご利用になりたいお客様は、担当営業までご連絡いただくか、弊社パートナー (opens new window)にお問い合わせください。
Q
LINE公式アカウントにMessaging APIチャネルが既に紐づいている場合、LINE公式アカウントとMessaging APIチャネルの紐づけを解除できますか?

LINE公式アカウントとMessaging APIチャネルを一度紐づけると、後からその紐づけを解除することはできません。

LINE公式アカウントの利用は継続したいが、LINE公式アカウントに紐づいているMessaging APIの利用は停止したい場合は、『Messaging APIドキュメント』の「Messaging APIの利用を停止する」を参照してください。

Q
Messaging APIでメッセージを送信したらすぐにユーザーに届きますか?

Messaging APIで送信したメッセージがユーザーに届くまで、時間がかかる場合があります。

Messaging APIのエンドポイントに対するメッセージ送信のリクエストは、非同期で処理されます。このため、LINE公式アカウントの友だち登録数が多い場合や、同じ時間帯に他のLINE公式アカウントからのメッセージ送信のリクエストが集中した場合、メッセージ送信の処理に時間がかかることがあります。

Q
Messaging APIを利用するとお金がかかりますか?

Messaging APIの料金について詳しくは、「Messaging APIの料金」を参照してください。

Q
グループトークの名前とプロフィール画像の取得方法を教えてください。

グループトークの概要を取得するAPIで、LINE公式アカウントが参加しているグループトークのグループ名やアイコンのURLを取得できます。

Q
LINE公式アカウントからボットを削除できますか?

ボットを削除するにはLINE公式アカウントを削除する必要があります。

Q
取得したコンテンツのファイル形式はどのように確認できますか?

コンテンツを取得した際に、レスポンスで返されるバイナリデータのファイル形式は、レスポンスのContent-Type (opens new window)ヘッダーで示されます。

Content-Typeヘッダーの値を確認することで、コンテンツのファイル形式を確認できます。Content-Typeヘッダーで示される、ファイル形式の例は以下のとおりです。

ユーザーが送信したコンテンツ Content-Typeヘッダーの例
画像 image/jpeg
動画 video/mp4
音声 audio/x-m4a
ファイル text/plain
Q
既存のLINE公式アカウントでMessaging APIを利用するにはどうしたらよいですか?

既存のLINE公式アカウントでMessaging APIを利用するには、LINE Official Account Manager (opens new window)でMessaging APIの利用を有効にします。

詳しくは、『Messaging APIドキュメント』の「既存のLINE公式アカウントでMessaging APIを利用する」を参照してください。

Q
メッセージが届かないユーザーを宛先に指定してメッセージを送信した場合も、メッセージ通数1通分としてカウントされますか?

LINE公式アカウントをブロックしているユーザーIDや、存在していないユーザーIDなど、メッセージが実際には届かないユーザーを宛先に指定した場合は、メッセージ送信のAPIを呼び出してもメッセージ通数にはカウントされません。

Q
LINE公式アカウントをブロックしているユーザーIDを指定してメッセージを送信するとエラーが返りますか?

LINE公式アカウントをブロックしているユーザー、またはアカウントを削除したユーザーを指定してメッセージを送信しても、エラーは発生せず、レスポンスとしてはステータスコード200が返ります。

なお、この場合、ユーザーにメッセージは届きません。

Q
Webhook URL呼び出し時にLINEプラットフォーム以外からのアクセスを制限するため、LINEプラットフォームのIPアドレスを教えてください。

IPアドレスは開示しておりません。

SSL通信と、Webhookに含まれる署名の検証により、不正リクエスト防止を実施しております。

Q
メッセージオブジェクトを複数件(例:4件)指定したプッシュメッセージを、複数人数(例:5人)がいるグループトークまたは複数人トークに1回送った場合、カウントされるメッセージ通数は何通ですか?

メッセージ通数は、メッセージの送信対象となった人数でカウントされます。この例のように、メッセージを送ったグループトークや複数人トークに5人いれば、カウントされるメッセージ通数は5通です。1回のリクエストで指定したメッセージオブジェクトの件数は、メッセージ通数には影響しません。

メッセージが届かないユーザーを宛先に指定した場合のメッセージ通数については、「メッセージが届かないユーザーを宛先に指定してメッセージを送信した場合も、メッセージ通数1通分としてカウントされますか?」を参照してください。

料金について詳しくは、「Messaging APIの料金」を参照してください。

Q
メッセージを送信する際のリクエストボディに複数のメッセージオブジェクトを設定した場合、上から設定した順にメッセージが配信されますか?

はい。

メッセージ送信時のリクエストボディに複数のメッセージオブジェクトを設定した場合、上から設定した順にメッセージが配信されます。

Q
テキストの文字数のカウントで、全角文字、改行文字、絵文字などは何文字としてカウントされますか?

テキストの文字数は、UTF-16の符号単位(16ビット)でカウントします。一部の漢字やUnicode絵文字など、複数の符号単位で表現する文字は、1文字ではなく、複数の文字としてカウントします。

ただし、一部のプロパティについては、UTF-16の符号単位ではなく、書記素クラスタ (opens new window)単位でカウントします。詳しくは、『Messaging APIドキュメント』の「テキストの文字数のカウント」を参照してください。

また、LINEが提供するLINE絵文字については、Unicode絵文字と異なり、内部的に代替テキスト(例:(love))に変換されるため、代替テキストの文字数でカウントします。

UTF-16の符号単位による文字数のカウント例は以下のとおりです。

文字 UTF-16エンコードした値 符号単位の数 文字数
a 0061 1 1文字
3042 1 1文字
\n 000A 1 1文字
908A 1 1文字
𠀋 D840 DC0B 2 2文字
👋 D83D DC4B 2 2文字
👋🏻 D83D DC4B D83C DFFB 4 4文字
Q
Webhookのメッセージイベントオブジェクトに含まれるメッセージIDは、メッセージの種類ごと、またはチャネルごとに一意ですか?

メッセージIDには、Messaging APIの環境全体で一意となる値が割り振られます。

画像などのメッセージの種類ごと、チャネルごとに一意ということではありません。

Q
Messaging APIで、同じユーザーに複数のメッセージを送信した場合、メッセージの表示順序はどうなりますか?

メッセージの表示順序は、複数のメッセージをどのように送信したかによって異なります。

メッセージを送信するエンドポイントを複数回実行した場合、エンドポイントの実行順序とメッセージの表示順序は必ずしも一致しません。

メッセージを送信するエンドポイントを1回実行し、そのリクエストボディに複数のメッセージを指定した場合、リクエストボディで指定した順序でメッセージが表示されます。

Q
自分のユーザーIDはどこで確認できますか?

自分のユーザーIDは、LINE Developersコンソールのチャネルの[チャネル基本設定]タブにある[あなたのユーザーID]で確認できます。詳しくは、『Messaging APIドキュメント』の「開発者が自分自身のユーザーIDを取得する」を参照してください。

Q
Webhookイベントを受信できません。

お使いのアカウントがWebhookを許可する設定になっていない可能性があります。Webhookを有効にするには、LINE Developersコンソールのチャネル設定にある[Messaging API設定]タブで、[Webhookの利用]を有効にします。

Q
LINE公式アカウントから送信される動画を転送またはKeepに保存できません。

LINE公式アカウントから送信された動画は、エンドユーザーが転送したりKeepに保存したりできません。

Q
招待したグループトークや複数人トークからLINE公式アカウントが自動的に退出するのはなぜですか?

LINE公式アカウントの設定で[グループトークや複数人トークへの参加を許可する]が無効になっているか、招待したグループトークや複数人トークにすでに他のLINE公式アカウントが参加している可能性があります。

詳しくは、『Messaging APIドキュメント』の「グループトークや複数人トークにLINE公式アカウントを招待する」を参照してください。

Q
LINE公式アカウントが自動的に応答するのはなぜですか?

LINE Official Account Managerの応答設定によっては、LINE公式アカウントが自動的に応答します。

LINE Developersコンソールのチャネル設定にある[Messaging API設定]タブで、[応答メッセージ]の[編集]をクリックして、LINE Official Account Managerにアクセスし、「応答設定」を確認してください。

以下のいずれかの設定になっていれば、自動的に応答します。

  • あいさつメッセージ]が「オン」に設定されている場合、友だち追加したときに自動的に応答します。
  • 応答メッセージ]が「オン」に設定されている場合、あらかじめ設定した条件に従って自動的に応答します。
  • チャット]が「オン」に設定されている場合、[チャットの応答方法]の設定に従って、自動的に応答することがあります。
Q
リッチメニューが表示されないiPadがあるのはなぜですか?

LINEアカウントを作成したiPadや、LINEアカウントを引き継いだ先のiPadでは、リッチメニューが表示されます。

それ以外のiPadではリッチメニューが表示されません。

使用中のiPadでリッチメニューが表示されるかどうかは、LINEの設定画面で確認できます。

  • [設定] > [アカウント] > [アカウント削除]が表示される場合は、リッチメニューが表示されます。
  • [設定] > [アカウント] > [ログアウト]が表示される場合は、リッチメニューが表示されません。
Q
認証済アカウントのみが利用できるAPIや、所定の申請が必要と書いてある機能を、試しに利用する方法はありますか?

いいえ、ありません。そのAPIや機能を利用するために必要な手続きをしてください。