# 法人ユーザー向けオプションAPIリファレンス

オプション機能を利用するには手続きが必要です

本ドキュメントに記載の機能は、所定の申請等を行った法人ユーザーのみがご利用いただけます。自社のLINE公式アカウントでご利用になりたいお客様は、担当営業までご連絡いただくか、弊社パートナー (opens new window)にお問い合わせください。

# 共通仕様

# ステータスコード

『Messaging APIリファレンス』の「ステータスコード」を参照してください。

# レスポンスヘッダー

法人ユーザー向けオプションAPIのレスポンスには、以下のHTTPヘッダーが含まれます。

レスポンスヘッダー 説明
x-line-request-id リクエストID。各リクエストごとに発行されるIDです。

# ミッションスタンプAPI

ミッションスタンプは、ミッションの達成を条件としてユーザーに提供するスタンプです。スタンプをインセンティブに、ユーザーに「ID情報の連携」や「会員登録」、「アンケート回答」などを促すことができます。

# ミッションスタンプを送る(v3)

ユーザーに、任意のタイミングでミッションスタンプを送信します。

ヒント

ミッションスタンプを送る(v2)」と異なり、このエンドポイントを呼び出すサーバーのIPアドレスまたはネットワークアドレスを、LINE Developersコンソールに登録する必要はありません。

リクエストの例

# HTTPリクエスト

POST https://api.line.me/shop/v3/mission

# リクエストヘッダー

Content-Type

必須

application/json

Authorization

必須

Bearer {channel access token}

# リクエストボディ

to

String

必須

送信先のユーザーID

productType

String

必須

STICKER

productId

String

必須

スタンプセットのパッケージID

sendPresentMessage

Boolean

必須

false

# レスポンス

ステータスコード200と空のレスポンスボディを返します。

# エラーレスポンス

エラー発生時は、以下のJSONデータを含むレスポンスボディが返されます。

message

String

エラー情報を含むメッセージ。詳しくは、以下の「エラーメッセージ」を参照してください。

# エラーメッセージ

エラーのJSONレスポンスのmessageプロパティに含まれる、主なエラーメッセージは以下のとおりです。

メッセージ 説明
invalid request toに指定した送信先のユーザーIDが無効です。
not found productIdに指定したパッケージIDが無効です。
internal error productIdに指定したパッケージIDが無効です。
not allowed to use the API チャネルに、ミッションスタンプAPIの利用権限が付与されていない。
not_sales_period スタンプセットを送信した日時が、スタンプセットの有効期間外です。
not sale for country toに指定した送信先のユーザーの国では、productIdに指定したスタンプセットが利用できません。
not sale for device toに指定した送信先のユーザーが利用している端末は、productIdに指定したスタンプセットに対応していません。
not sale for version toに指定した送信先のユーザーが利用しているLINEアプリは、productIdに指定したスタンプセットに対応していません。

# ミッションスタンプを送る(v2)

ミッションスタンプを送る(v2)は非推奨です

「ミッションスタンプを送る(v2)」は、2023年5月31日をもって廃止されるため、「ミッションスタンプを送る(v3)」の利用を推奨します。

詳しくは、2023年2月2日のお知らせ、「2023年5月31日をもって、ミッションスタンプを送る(v2)エンドポイントを廃止します」を参照してください。

ユーザーに、任意のタイミングでミッションスタンプを送信します。

注意

このエンドポイントを呼び出すサーバーのIPアドレスまたはネットワークアドレスを、LINE Developersコンソールに登録する必要があります。対象のチャネルの[セキュリティ管理]タブに、サーバーのIPアドレスまたはネットワークアドレスを追加してください。

リクエストの例

# HTTPリクエスト

POST https://api.line.me/v2/missionSticker/send

# リクエストヘッダー

Content-Type

必須

application/json

X-Line-ChannelId

必須

チャネルID。LINE Developersコンソールで確認できます。

X-Line-ChannelSecret

必須

チャネルシークレット。LINE Developersコンソールで確認できます。

X-Line-Trusted-User-With-ACL

必須

ミッションスタンプAPIの利用権限が付与されたときに、割り当てられた値。詳しくは、担当営業にお問い合わせください。

# リクエストボディ

to

String

必須

送信先のユーザーID

messages

Array

必須

packageIdプロパティとisPresentプロパティを含むオブジェクトの配列。1個のみ指定できます。

messages[].packageId

String

必須

スタンプセットのパッケージID

messages[].isPresent

Boolean

必須

false

# レスポンス

ステータスコード200と以下のプロパティを含むJSONオブジェクトを返します。

ticketId

String

LINEの内部で使われる値。
ticketIdが返された場合、APIリクエストは成功しています。

レスポンスの例

# エラーレスポンス

エラー発生時は、以下のJSONデータを含むレスポンスボディが返されます。

message

String

エラー情報を含むメッセージ。詳しくは、以下の「エラーメッセージ」を参照してください。

# エラーメッセージ

エラーのJSONレスポンスのmessageプロパティに含まれる、主なエラーメッセージは以下のとおりです。

メッセージ 説明
authentication failed 以下のいずれか、または両方です。
  • リクエストヘッダーのX-Line-ChannelId、X-Line-ChannelSecret、X-Line-Trusted-User-With-ACLに設定した値のいずれかが間違っている。
  • APIを呼び出したサーバーがLINE Developersコンソールの[セキュリティ管理]タブに登録されていない。
CHANNEL_MISSION_STICKER_NOT_USABLE チャネルに、ミッションスタンプAPIの利用権限が付与されていない。

# オーディエンスマッチAPI

# レート制限

オーディエンスマッチAPIのAPIリクエストに関するレート制限は、Messaging APIのレート制限と同じです。

# メッセージタイプ

Messaging APIのメッセージタイプをすべて利用できます。

利用できないアクションについて

以下のメッセージタイプでは、URIアクション以外のアクションは設定できません。

URIアクション以外のアクションを設定すると、メッセージは送信されません。また、同じリクエストに含まれるその他のメッセージも送信されません。

# サポートされていない機能

オーディエンスマッチAPIでは、以下のプロパティやリクエストヘッダーは利用できません。

# 電話番号を利用してメッセージを送る

ユーザーの電話番号に基づいたターゲティング配信を行います。

LINEのプライバシーポリシー(2022年3月改定)に同意済みのユーザーのみが対象となります

メッセージはプライバシーポリシー(2022年3月改訂) (opens new window)に同意済みのユーザーにのみ送信され、未同意のユーザーには送信されません。

そのため、指定した送信先の数よりも配信されたメッセージの数が少なくなることがあります。

リクエストの例

# HTTPリクエスト

POST https://api.line.me/bot/ad/multicast/phone

# リクエストヘッダー

Content-Type

必須

application/json

Authorization

必須

Bearer {channel access token}

# リクエストボディ

to

ハッシュ化した電話番号の配列

必須

メッセージの送信先(E.164形式に正規化された電話番号を、SHA256でハッシュ化した値)。
最大件数:150

messages

送信するメッセージ。
最大件数:5

notificationDisabled

Boolean

任意
  • true:メッセージ送信時に、ユーザーに通知されない。
  • false:メッセージ送信時に、ユーザーに通知される。ただし、LINEで通知をオフにしている場合は通知されません。

デフォルト値はfalseです。

# レスポンス

ステータスコード200と空のJSONオブジェクトを返します。

レスポンスの例

# 電話番号を利用したメッセージ配信の結果を取得する

電話番号を利用してメッセージを送る」で配信したメッセージの配信結果を取得します。

リクエストの例

# HTTPリクエスト

GET https://api.line.me/v2/bot/message/delivery/ad_phone?date={date}

# リクエストヘッダー

Content-Type

必須

application/json

Authorization

必須

Bearer {channel access token}

# クエリパラメータ

date

必須

メッセージが送信された日付

  • フォーマット:yyyyMMdd(例:20190831
  • タイムゾーン:UTC+9

# レスポンス

ステータスコード200と以下の情報を含むJSONオブジェクトを返します。

status

String

集計処理の状態。以下のいずれかの値です。

  • ready:メッセージ数を取得できます。
  • unreadydateに指定した日付のメッセージ数の集計がまだ完了していません。たとえば、配信当日や未来の日付を指定した場合に返されます。通常、集計処理は配信の翌日中に完了します。
  • unavailable_for_privacy:該当日の通数の合計が20通未満です。
  • out_of_servicedateに指定した日付が、集計システムの稼働開始日(2018年03月31日)より前です。

success

Long

dateに指定した日付に、電話番号を利用して配信されたメッセージの数。statusの値がreadyの場合にのみ、レスポンスに含まれます。

# Mark-as-Read

# ユーザーからのメッセージに既読を付ける

特定のユーザーから送信されたすべてのメッセージに、任意のタイミングで"既読"を表示できます。

リクエストの例

# HTTPリクエスト

POST https://api.line.me/v2/bot/message/markAsRead

# リクエストヘッダー

Content-Type

必須

application/json

Authorization

必須

Bearer {channel access token}

# リクエストボディ

chat.userId

String

必須

対象のユーザーID。

# レスポンス

ステータスコード200と空のJSONオブジェクトを返します。

レスポンスの例

# LINE通知メッセージAPI

# レート制限

LINE通知メッセージAPIは、Messaging APIのレート制限に準拠します。

# LINE通知メッセージが送信される条件

以下の条件をすべて満たす場合に、ユーザーに対してメッセージが送信されます。

LINEアプリでのLINE通知メッセージの設定について詳しくは、『LINEみんなの使い方ガイド』の「LINE通知メッセージを受信する方法 (opens new window)」を参照してください。

# LINE通知メッセージを送る

ユーザーの電話番号を指定してLINE通知メッセージを送るAPIです。

リクエスト元IPアドレスの制限について

LINE通知メッセージを送る場合、Messaging APIチャネルの[セキュリティ設定]タブで、LINEプラットフォームのAPIを呼び出せるサーバーのIPアドレスを登録しないでください。リクエスト元のIPアドレスを制限した状態でLINE通知メッセージを送ると、送信に失敗することがあります。設定方法について詳しくは、「セキュリティを設定する(任意)」を参照してください。

リクエストの例

# HTTPリクエスト

POST https://api.line.me/bot/pnp/push

# リクエストヘッダー

サポートしていない機能

LINE通知メッセージAPIでは、リトライキーX-Line-Retry-Key)を使ったAPIリクエストの再試行はできません。

Content-Type

必須

application/json

Authorization

必須

Bearer {channel access token}

X-Line-Delivery-Tag

任意

Webhookを介して、配信完了イベントdelivery.dataプロパティで返される文字列。詳しくは、「メッセージの送信通知を受信する」を参照してください。
最小文字数:16
最大文字数:100

X-Line-Delivery-Tagの例

# リクエストボディ

to

必須

メッセージの送信先。E.164形式に正規化しSHA256でハッシュ化した電話番号を指定してください。

メッセージの送信条件について詳しくは、「LINE通知メッセージが送信される条件」を参照してください。

注意

messages

送信するメッセージ。最大件数:5

詳しくは、「LINE通知メッセージAPIで送信可能なメッセージ」を参照してください。

# レスポンス

ステータスコード200と空のJSONオブジェクトを返します。

レスポンスの例

# エラーレスポンス

HTTPステータスコード400番台のエラーと共に、エラーの情報を含むJSONオブジェクトを返します。共通仕様の「エラーレスポンス」を参照してください。

以下のHTTPステータスコード422と共に発生するエラーは、LINE通知メッセージAPI専用のエラーです。

message

String

LINE通知メッセージAPIによる LINE通知メッセージの送信に失敗しました。以下のような理由が考えられます。

エラーレスポンスの例

# 送信済みのLINE通知メッセージの数を取得する 

/bot/pnp/pushエンドポイントを使って送信された、LINE通知メッセージの数を取得します。

詳しくは、LINE通知メッセージドキュメントの「送信済みLINE通知メッセージの数を取得する」を参照してください。

リクエストの例

# HTTPリクエスト

GET https://api.line.me/v2/bot/message/delivery/pnp

# リクエストヘッダー

Authorization

必須

Bearer {channel access token}

# クエリパラメータ

date

必須

メッセージが送信された日付

  • フォーマット:yyyyMMdd(例:20211231
  • タイムゾーン:UTC+9

# レスポンス

ステータスコード200と以下の情報を含むJSONオブジェクトを返します。

status

String

集計処理の状態。以下のいずれかの値です。

  • ready:メッセージ数を取得できます。
  • unreadydateに指定した日付のメッセージ数の集計がまだ完了していません。しばらくしてからリクエストを再実行してください。通常、集計処理は翌日中に完了します。
  • out_of_servicedateに指定した日付が、集計システムの稼働開始日(2018年03月31日)より前です。

success

Number

dateに指定した日付に、LINE通知メッセージAPIを使って送信されたメッセージの数。statusの値がreadyの場合にのみ、レスポンスに含まれます。

レスポンスの例

# エラーレスポンス

HTTP ステータスコード400番台のエラーと共に、エラーの情報を含むJSONオブジェクトを返します。共通仕様の「エラーレスポンス」を参照してください。

# モジュール

モジュールチャネルをLINE公式アカウントにアタッチします。アタッチするためには、LINE公式アカウントの管理者に認可を要求し、認可コードを取得する必要があります。モジュールの認可フローについて詳しくは、『モジュールドキュメント』の「モジュールチャネルを連携(アタッチ)する」を参照してください。

このAPIを利用する際には、Authorizationヘッダーもしくはリクエストボディのどちらかを使って、モジュールチャネルのチャネルIDとチャネルシークレットを指定する必要があります。

リクエストの例

POST https://manager.line.biz/module/auth/v1/token

Content-Type

必須

application/x-www-form-urlencoded

Authorization

任意

Basic {base64({Channel ID}:{Channel Secret})}

{base64({Channel ID}:{Channel Secret})}には、「モジュールチャネルのチャネルID」と「モジュールチャネルのチャネルシークレット」を:で連結し、Base64でエンコードした文字列を指定してください。モジュールチャネルのチャネルIDとチャネルシークレットは、LINE Developersコンソールで確認できます。

リクエストボディ内でclient_idおよびclient_secretを指定する代わりに、このヘッダを使ってモジュールチャネルのチャネルIDとチャネルシークレットを指定できます。

grant_type

String

必須

authorization_code

code

String

必須

LINEプラットフォームから渡された認可コードを指定します。

redirect_uri

String

必須

認証と認可のためのURLで指定したredirect_uriを指定します。

code_verifier

String

任意

認可コード横取り攻撃への対策としてOAuth 2.0の拡張仕様で定義されるPKCE(Proof Key for Code Exchange)を利用した場合に指定します。

RFC 7636 (opens new window)に準拠しています。

client_id

String

任意

Authorizationヘッダーを使用する代わりに、このパラメータを使ってモジュールチャネルのチャネルIDを指定できます。 モジュールチャネルのチャネルIDは、LINE Developersコンソールで確認できます。

client_secret

String

任意

Authorizationヘッダーを使用する代わりに、このパラメータを使ってモジュールチャネルのチャネルシークレットを指定できます。モジュールチャネルのチャネルシークレットは、LINE Developersコンソールで確認できます。

region

String

任意

認証と認可のためのURLregionに値を指定した場合、同じ値を指定してください。

basic_search_id

String

任意

認証と認可のためのURLでbasic_search_idに値を指定した場合、同じ値を指定してください。

scope

String

任意

認証と認可のためのURLでscopeに値を指定した場合、同じ値を指定してください。

brand_type

String

任意

認証と認可のためのURLでbrand_typeに値を指定した場合、同じ値を指定してください。

成功時は、ステータスコード200と以下の情報を含むJSONオブジェクトを返します。

bot_id

String

LINE公式アカウントのボットのユーザーID。

ボットのユーザーIDは、Messaging APIAcquire Control APIを呼び出す際に利用します。

注意

ボットのユーザーIDは、LINE Developersコンソールで、Messaging APIチャネルの[チャネル基本設定]タブに表示される[あなたのユーザーID]ではありません。

scope

String

LINE公式アカウントの管理者によって許可された権限(スコープ)。

レスポンスの例

以下のHTTPステータスコードを返します。

  • 400 Bad Request
  • 403 Forbidden

LINE公式アカウントからモジュールチャネルをデタッチします。

リクエストの例

POST https://api.line.me/v2/bot/channel/detach

Content-Type

必須

application/json

Authorization

必須

Bearer {channel access token}

{channel access token}には、モジュールチャネルのチャネルアクセストークンを指定してください。

botId

String

必須

モジュールチャネルにアタッチされたLINE公式アカウントのボットのユーザーID。

ボットのユーザーIDは、「モジュールチャネルの提供者の操作で連携(アタッチ)する」のレスポンスやAttachedイベントで取得できます。

成功時は、ステータスコード200を返します。

HTTPステータスコード400を返します。

# Acquire Control API

Standby Channelが主導権(Chat Control)を取得する場合は、Acquire Control APIを呼び出します。

それまでActive Channelだったチャネルは、自動的にStandby Channelに切り替わります。

警告

現在提供しているモジュールの仕組みにおいては、本APIを呼び出す必要はありません。そのため本APIの実装は任意となります。

本APIは現状、想定外の問題等によりチャットの主導権が切り替わった際にのみ利用します。

リクエストの例

# HTTPリクエスト

POST https://api.line.me/v2/bot/chat/{chatId}/control/acquire

# リクエストヘッダー

Content-Type

必須

application/json

Authorization

必須

Bearer {channel access token}

{channel access token}には、モジュールチャネルのチャネルアクセストークンを指定してください。

ボットのユーザーIDを指定するヘッダー

必須

モジュールチャネルにアタッチされたLINE公式アカウントのボットのユーザーID。

ボットのユーザーIDは、「モジュールチャネルの提供者の操作で連携(アタッチ)する」のレスポンスやAttachedイベントで取得できます。

ヘッダーの詳細については参画される際に別途提供いたします

本ヘッダーの名前(パラメーター名)は、実際にLINEマーケットプレイス (opens new window)に参画するお客様に限定して公開しています。

# パスパラメータ

chatId

必須

userIdroomId、またはgroupId

# リクエストボディ

expired

Boolean

任意
  • True:制限時間(ttl)を経過すると、主導権(Chat Control)がPrimary Channelに戻ります。(デフォルト)
  • False:制限時間がなく、主導権(Chat Control)は時間経過では変わりません。

ttl

Number

任意

主導権(Chat Control)がPrimary Channelに戻るまでの時間(モジュールチャネルがActive Channelでいられる時間)。秒で指定します。最大値は1年間(3600 * 24 * 365)。デフォルト値は3600(1時間)です。

expiredの値がfalseの場合は、無視されます。

# レスポンス

成功時は、ステータスコード200を返します。

# エラーレスポンス

以下のHTTPステータスコードを返します。

  • 400 Bad Request
  • 403 Forbidden
  • 404 Not Found
  • 423 Locked
    • 一定期間内(数秒程度)で、別のチャネルが主導権(Chat Control)を取得した際に発生するエラーです。

# Release Control API

Active Channelが持っている主導権(Chat Control)を、Primary Channelに返却する場合は、Release Control APIを呼び出します。

警告

現在提供しているモジュールの仕組みにおいては、本APIを呼び出す必要はありません。そのため本APIの実装は任意となります。

本APIは現状、想定外の問題等によりチャットの主導権が切り替わった際にのみ利用します。

リクエストの例

# HTTPリクエスト

POST https://api.line.me/v2/bot/chat/{chatId}/control/release

# リクエストヘッダー

Content-Type

必須

application/json

Authorization

必須

Bearer {channel access token}

{channel access token}には、モジュールチャネルのチャネルアクセストークンを指定してください。

ボットのユーザーIDを指定するヘッダー

必須

モジュールチャネルにアタッチされたLINE公式アカウントのボットのユーザーID。

ボットのユーザーIDは、「モジュールチャネルの提供者の操作で連携(アタッチ)する」のレスポンスやAttachedイベントで取得できます。

ヘッダーの詳細については参画される際に別途提供いたします

本ヘッダーの名前(パラメーター名)は、実際にLINEマーケットプレイス (opens new window)に参画するお客様に限定して公開しています。

# パスパラメータ

chatId

必須

userIdroomId、またはgroupId

# レスポンス

成功時は、ステータスコード200を返します。

# エラーレスポンス

以下のHTTPステータスコードを返します。

  • 400 Bad Request
  • 403 Forbidden
  • 404 Not Found

# モジュールチャネル専用のWebhookイベントオブジェクト

# Attachedイベント

モジュールチャネルが、LINE公式アカウントにアタッチされたことを示すイベントです。モジュールチャネルのWebhook URLサーバーに送信されます。

timestampなど

共通プロパティ」を参照してください。

ただし、modeactive固定です。

type

String

module

module.type

String

attached

module.botId

String

アタッチされたLINE公式アカウントのボットのユーザーID

module.scopes

Array

LINE公式アカウントの管理者によって許可されたスコープを示す文字列の配列です。

Attachedイベントの例

# Detachedイベント

モジュールチャネルが、LINE公式アカウントからデタッチされたことを示すイベントです。モジュールチャネルのWebhook URLサーバーに送信されます。

LINE公式アカウントを削除する操作をしたときにはDetachされません

LINE Official Account ManagerでLINE公式アカウントを削除する操作をしたときは、モジュールチャネルはデタッチされません。

削除する操作をしてから3か月が経過し、LINE公式アカウントの分析データを含むすべての情報が完全に削除されると、自動的にデタッチされます。

timestampなど

共通プロパティ」を参照してください。

ただし、modeactive固定です。

type

String

module

module.type

String

detached

module.botId

String

連携解除されたLINE公式アカウントのボットのユーザーID

module.reason

String

連携解除された理由

bot_deleted:LINE公式アカウントの分析データを含むすべての情報が完全に削除されました。

Detachedイベントの例

# Activatedイベント

Acquire Control APIを呼び出して、モジュールチャネルがActive Channelに切り替わったことを示すイベントです。モジュールチャネルのWebhook URLサーバーに送信されます。

注意

Acquire Control APIで指定した有効期間がきれて、主導権(Chat Control)が切り替わった場合は、Activatedイベントは送信されません。

timestamp、sourceなど

共通プロパティ」を参照してください。

ただし、modeactive固定です。

type

String

activated

chatControl.expireAt

Number

“active”が維持される期限。

Activatedイベントの例

# Deactivatedイベント

Acquire Control APIまたはRelease Control APIを呼び出して、モジュールチャネルがStandby Channelに切り替わったことを示すイベントです。モジュールチャネルのWebhook URLサーバーに送信されます。

注意

Acquire Control APIで指定した有効期間がきれて、主導権(Chat Control)が切り替わった場合は、Deactivatedイベントは送信されません。

timestamp、sourceなど

共通プロパティ」を参照してください。

ただし、modeactive固定です。

type

String

deactivated

Deactivatedイベントの例

# botSuspendイベント

LINE公式アカウントが一時停止状態(Suspend)になったことを示すイベントです。モジュールチャネルのWebhook URLサーバーに送信されます。

このイベントを受信したときは、以下のような処理を行うことを推奨します。

  • モジュールチャネルの管理画面に「LINE公式アカウントが利用できない状態になっているため、この管理画面は利用できません」といったメッセージを表示し、管理画面の利用を停止する。
  • いったん一時停止状態になっても、一時停止状態から復帰する可能性(botResumeイベントを受信する可能性)があります。すべての情報を保持しておくことを推奨します。
注意

Primary ChannelにはbotSuspendイベントは送信されません。

botSuspendイベントを受信したあとでDetachedイベントを受信した場合は、LINE公式アカウントがモジュールチャネルの利用を停止し、契約を解除したことを示します。

timestampなど

共通プロパティ」を参照してください。

ただし、modeactive固定です。

type

String

botSuspended

botSuspendイベントの例

# botResumedイベント

LINE公式アカウントが一時停止状態から復帰したことを示すイベントです。モジュールチャネルのWebhook URLサーバーに送信されます。

このイベントを受信したときは、モジュールチャネルの管理画面で「LINE公式アカウントが利用できない状態になっているため、この管理画面は利用できません」といったメッセージを非表示にし、管理画面の利用を再開することを推奨します。

注意

Primary ChannelにはbotResumedイベントは送信されません。

timestampなど

共通プロパティ」を参照してください。

ただし、modeactive固定です。

type

String

botResumed

botResumedイベントの例

# モジュールをアタッチしたボットのリストを取得する

モジュールチャネルをアタッチした、複数のLINE公式アカウントのボットの基本情報をリストで取得します。

リクエストの例

# HTTPリクエスト

GET https://api.line.me/v2/bot/list?limit={limit}&start={continuationToken}

# リクエストヘッダー

Authorization

必須

Bearer {channel access token}

{channel access token}には、モジュールチャネルのチャネルアクセストークンを指定してください。

# クエリパラメータ

limit

任意

基本情報を取得するボットの最大個数を指定します。デフォルト値は100です。
最大値:100

start

任意

継続トークンの値。レスポンスで返されるJSONオブジェクトのnextプロパティに含まれます。1回のリクエストでボットの基本情報をすべて取得できない場合は、このパラメータを指定して残りの配列を取得します。

# レスポンス

成功時は、ステータスコード200と以下の情報を含むJSONオブジェクトを返します。

bots

Array

ボットの基本情報を表すBot list Item objectの配列。

bots[].userId

String

ボットのユーザーID

bots[].basicId

String

ボットのベーシックID

bots[].premiumId

String

ボットのプレミアムID。プレミアムIDが未設定の場合、この値は含まれません。

bots[].displayName

String

ボットの表示名

bots[].pictureUrl

String

プロフィール画像のURL。「https://」から始まる画像URLです。ボットにプロフィール画像を設定していない場合は、レスポンスに含まれません。

next

String

継続トークン。ボットの基本情報の、次の配列を取得するために使用します。このプロパティは、取得しきれなかったボットの基本情報が存在する場合にのみ返されます。

レスポンスの例