# Create LIFF AppでLIFFアプリの開発環境を構築する

# Create LIFF Appとは

Create LIFF Appは、LIFFアプリの開発環境がコマンド1つで構築できるCLIツールです。ReactのCreate React App (opens new window)や、Next.jsのCreate Next App (opens new window)のように、Create LIFF Appからの質問に答えていくことで、用途に合わせたLIFFアプリのひな形を含む開発環境が生成され、すぐに開発が始められます。

LIFFスターターアプリやLIFFプレイグラウンドと、Create LIFF Appの違いについて詳しくは、「LIFFアプリの開発をサポートするツール」を参照してください。

# 言語とフレームワーク

Create LIFF Appにおいて、現時点で生成可能な言語、フレームワークは以下のとおりです。たとえば、TypeScriptで記述されたNext.jsのソースコードを生成できます。

# Create LIFF Appで生成可能な言語

  • JavaScript
  • TypeScript

# Create LIFF Appで生成可能なフレームワーク

# 動作環境

Create LIFF AppはNode.jsで動作します。パッケージ管理にはYarnまたはnpmが使用可能ですが、このページではYarnを使います。このページの内容は次の各バージョンで動作を確認しています。

名前 バージョン
Create LIFF App (opens new window) 1.0.0
Node.js (opens new window) 16.13.1
Yarn (opens new window) 1.22.18

# 事前準備

Create LIFF Appの実行時にはLIFF IDが必要となります。まず「チャネルを作成する」と「LIFFアプリをチャネルに追加する」を読み、LIFF IDを取得してください。

エンドポイントURLを入力する

LIFFアプリをチャネルに追加する際に[エンドポイントURL]を入力する必要があります。[エンドポイントURL]は後から修正できますので、この時点では仮のURL(https://example.com/など)を入力しても構いません。

# Create LIFF Appを使う

次の2つのステップで、Create LIFF Appを使ってLIFFアプリの開発環境を作り、ローカルで動作確認してみましょう。

  1. Create LIFF Appを使って開発環境を作る
  2. LIFFアプリをローカルホストで起動する

# Create LIFF Appを使って開発環境を作る

  1. Create LIFF Appを実行します。ターミナルまたはコマンドラインツール(以下「ターミナル」といいます)を開いてください。任意のディレクトリ上で、次のコマンドを実行します。

    $ npx @line/create-liff-app
    
  2. ここからはCreate LIFF Appの質問に答えていきます。質問の途中でやめたくなった場合は、Windowsならctrl+c、macOSならcommand+cで中断できます。

  3. プロジェクト名を入力します。何も入力せずにそのまま進んだ場合、プロジェクト名はデフォルトのmy-appになります。プロジェクト名は、Create LIFF Appによって生成されるディレクトリの名前等に用いられます。

    ? Enter your project name:  (my-app)
    

    以降の手順では、プロジェクト名にmy-appを入力したものとして説明します。

  4. 使用するライブラリやフレームワークを選択します。

    ? Which template do you want to use? (Use arrow keys)
    ❯ vanilla
      react
      vue
      svelte
      nextjs
      nuxtjs
    
  5. 使用する言語を選択します。

    ? JavaScript or TypeScript? (Use arrow keys)
    ❯ JavaScript
      TypeScript
    
  6. LIFF IDを入力します。未入力で進むこともできます。後からLIFF IDを入力、変更したい場合は、生成されたmy-appディレクトリ内にある.envファイルを直接編集してください。

    ? Please enter your LIFF ID:
    Don't you have LIFF ID? Check out https://developers.line.biz/ja/docs/liff/getting-started/ (liffId)
    
  7. 依存パッケージのインストールをすぐに行うかを選択します。Y(Yes)を選択すると、依存パッケージがインストールされます。n(No)を選んだ場合でも、後からyarn installコマンドでインストールできます。

    ? Do you want to install it now with package manager? (Y/n)
    
  8. どのパッケージマネージャを使用するかを選択します。パッケージ管理にはYarnまたはnpmが使用できますが、ここではYarnを選択します。

    ? Which package manager do you want to use? (Use arrow keys)yarn
      npm
    
  9. すべての質問が終わると、LIFFアプリのひな形を含む開発環境がmy-appディレクトリ以下に生成されます。

    yarn install v1.22.18
    warning package.json: No license field
    info No lockfile found.
    warning my-app@0.0.0: No license field
    [1/4] 🔍  Resolving packages...
    [2/4] 🚚  Fetching packages...
    [3/4] 🔗  Linking dependencies...
    [4/4] 🔨  Building fresh packages...
    success Saved lockfile.
    ✨  Done in 25.06s.
    
    
    Done! Now run:
    
      cd my-app
      yarn dev
    

# LIFFアプリをローカルホストで起動する

  1. 生成されたLIFFアプリを早速ローカルホストで起動してみましょう。LIFFアプリを起動するには、yarn devコマンドを実行します。以下のようなメッセージが表示されて、ターミナルの画面出力が止まったら、ローカルサーバーでLIFFアプリが起動しています。

    $ yarn dev
    yarn run v1.22.18
    warning package.json: No license field
    $ vite
    
      vite v2.9.1 dev server running at:
    
      > Local: http://localhost:3000/
      > Network: use `--host` to expose
    
      ready in 170ms.
    
  2. ターミナルに表示されたURL(vanilla JavaScriptの場合はhttp://localhost:3000)にブラウザでアクセスすると、次のようにLIFF init succeeded.というメッセージを含む画面が表示されます。

    成功

    LIFF IDを設定していない場合は、次のようにLIFF init failed.というメッセージを含む画面が表示されます。生成されたmy-appディレクトリ内にある.envファイルにLIFF IDを書いて、ローカルサーバーを再起動してください。

    失敗

  3. ブラウザでLIFFアプリの起動を確認できたら、Windowsならctrl+c、macOSならcommand+cでローカルサーバーを停止します。

# 次のステップ

これでLIFFアプリを開発する準備ができました。

なおLINE上でLIFFアプリの動作を確認するには、生成されたLIFFアプリをNetlifyなど任意のサーバーにデプロイした上で、URLを[エンドポイントURL]に設定します。Netlifyへのデプロイ方法やLINE上での動作確認方法は、このページでは解説しません。LIFFスターターアプリのサーバーへのデプロイを参考にしてください。

実際の開発を行う際は、「LIFFアプリを開発する」を参照してください。