# LIFFアプリをチャネルに追加する

LIFFアプリは、LINE DevelopersコンソールでLINEログインのチャネルに追加すると、LINEまたは外部ブラウザで起動できるようになります。

# 始める前に

以下の作業が完了していることを確認します。

# LIFFアプリをチャネルに追加する

1つのチャネルごとに最大30件のLIFFアプリを追加できます。

  1. LINE Developersコンソールで、LIFFアプリを追加するLINEログインのチャネルを選択し、[LIFF]タブをクリックします。

  2. 追加]をクリックします。

  3. 以下の項目を設定します。

    項目 説明
    LIFFアプリ名 LIFFアプリの名前。
    サイズ LIFFアプリの画面サイズ。詳しくは、「LIFFアプリの画面サイズ」を参照してください。
    エンドポイントURL LIFFアプリを実装したウェブアプリのURL。URLスキームはhttpsである必要があります。なお、エンドポイントURLにはドメインのみを指定してください。パスやクエリパラメーターはサポートしていません。
    なお、LINEでLIFFアプリを起動した際に、このURLにリダイレクトされます。たとえば、LIFFスターターアプリをHerokuにデプロイした場合は、https://{Heroku app name}.herokuapp.comを入力します。詳しくは、「LIFFアプリを開く」を参照してください。
    Scope LIFFアプリの動作に必要なスコープ。
    • openid:IDトークンを取得するためのスコープ(※)
    • email:メールアドレスを取得するためのスコープ(※)
    • profile:プロファイルを取得するためのスコープ
    • chat_message.write:メッセージを投稿するためのスコープ。アカウントの種類によっては、このオプションが[全て表示]の下に表示されることがあります。
    ※LINEログインのチャネルで、OpenID Connectのメール取得権限を申請した場合のみ表示されます。
    ボットリンク機能 ボットリンク機能の設定。
    • ON(normal):LIFFアプリの利用条件の同意画面に、LINE公式アカウントを友だち追加するオプションを追加します。
    • ON(aggressive):LIFFアプリの利用条件の同意画面の後に、LINE公式アカウントを友だち追加するかどうか確認する画面を表示します。
    • OFF:LINE公式アカウントを友だち追加するオプションを表示しません。
    ※LINEログインのチャネルでのみ表示されます。
    オプション > ScanQR LIFFアプリでQRコードリーダーを利用する場合は、[ON]を選択します。
  4. 作成]をクリックします。

    LIFFアプリをチャネルに追加すると、LIFF URL(例:line://app/1234567890-AbcdEfgh)が作成されます。LIFF URLは、LINEでLIFFアプリを起動するときに使用するURLスキームです。

    また、LIFF URLから「line://app/」を取り除いたものがLIFFアプリID(例:1234567890-AbcdEfgh)です。

# その他の操作

LINE Developersコンソールの[LIFF]タブでは、以下の操作も実行できます。

  • LIFFアプリの設定を編集する
  • LIFFアプリをチャネルから削除する

# 次のステップ

LIFFアプリをチャネルに追加したら、LIFFアプリを開いてみましょう。