# Mark-as-Read API

オプション機能を利用するには手続きが必要です

本ドキュメントに記載の機能は、所定の申請等を行った法人ユーザーのみがご利用いただけます。 自社のLINE公式アカウントでご利用になりたいお客様は、担当営業までご連絡いただくか、弊社パートナー (opens new window)にお問い合わせください。

# 概要

Mark-as-Read APIを利用すると、特定のユーザーから送信されたすべてのメッセージに、任意のタイミングで"既読"を表示できます。

# 自動既読設定機能の無効化について

LINE公式アカウントは、ユーザーからメッセージを受信したときに自動的に、"既読"を表示する設定になっています(自動既読設定機能)。ただし、Mark-as-Read APIを使用する際は、この設定が無効化されます。

その結果、Mark-as-Read APIを使用するLINE公式アカウントでは、Mark-as-Read APIのリクエストを送信しない限り、ユーザーからのメッセージに"既読"が表示されなくなります。

既読を表示するタイミングについて

ユーザーから新しいメッセージが送信されたときに、必ずMark-as-Read APIのリクエストを送信することを推奨します。リクエストを送信する前にユーザーにメッセージを送信すると、ユーザーの画面には"既読"が表示されないまま、LINE公式アカウントからメッセージが送信されたように見えます。

# リファレンス

API仕様について詳しくは、『法人ユーザー向けオプション』の「Mark-as-Read」を参照してください。