# オーディエンスを使う

オーディエンス機能を使うと、高度なターゲティングができます。たとえば、メッセージを開封したユーザーや、メッセージのURLをクリックしたユーザーのグループをターゲットにできます。

注意

日本、タイ、台湾のユーザーが作成したLINE公式アカウントの場合のみ、オーディエンスを作成できます。

Identifier for Advertisers(IFA)を使用するには

送信対象アカウントをIFAで指定することもできますが、この機能は、所定の申請等を行った法人ユーザーのみがご利用いただけます。自社のLINE公式アカウントでご利用になりたいお客様は、担当営業までご連絡いただくか、弊社パートナー (opens new window)にお問い合わせください。

# オーディエンスを作成する

オーディエンスはMessaging APIで作成できます。作成できるオーディエンスは次のとおりです。

オーディエンス 説明
ユーザーIDアップロード用のオーディエンス ユーザーIDやIFA(Identifier For Advertisers)で特定できるユーザーの集合
メッセージクリックオーディエンス 過去に配信したメッセージのURLをクリックしたユーザーの集合
メッセージインプレッションオーディエンス 過去に配信したメッセージを開封したユーザーの集合

なお、Messaging APIでは、次のタイプのオーディエンスは作成できません。

  • チャットタグオーディエンス
  • 追加経路オーディエンス
  • 予約オーディエンス
  • リッチメニューインプレッションオーディエンス
  • リッチメニュークリックオーディエンス
  • ウェブトラフィックオーディエンス
  • アプリイベントオーディエンス
  • 動画視聴オーディエンス
  • 画像クリックオーディエンス
同時処理数の制限があります

ユーザーIDアップロード用のオーディエンス作成およびオーディエンスへのユーザーID追加のエンドポイントでは、オーディエンスID(audienceGroupId)単位での同時処理数の制限があります。詳しくは、「同時処理数の制限」を参照してください。

# オーディエンスを使う

オーディエンスは、ナローキャストメッセージの送信で使用できます。詳しくは、「属性情報やリターゲティングを利用して複数のユーザーに送信する(ナローキャストメッセージ)」を参照してください。

# オーディエンスを共有する

Messaging APIで作成したオーディエンスは、LINE Official Account Manager (opens new window)広告マネージャー (opens new window)でも使用できます。また、これらのツールで作成したオーディエンスをMessaging APIで使用することもできます。これを、オーディエンス共有と呼びます。たとえば、Messaging APIではチャットタグオーディエンスや追加経路オーディエンスは作成できませんが、共有することでこれらのオーディエンスが使用可能になります。

オーディエンス共有を行わない場合は、オーディエンスの権限レベルをPRIVATEに変更してください。詳しくは、『Messaging APIリファレンス』の「オーディエンスの権限レベルを変更する」を参照してください。

# オーディエンスの仕様について

オーディエンスの仕様は以下のとおりです。

項目 仕様
チャネルあたりのオーディエンス数 最大1,000件
オーディエンスの保存期間 最大180日間(15,552,000秒間)
ユーザーIDアップロード用のオーディエンスに1リクエストでアップロードできるユーザーIDまたはIFAの数
  • JSONを使用する場合:最大10,000件
  • ファイルを使用する場合:最大1,500,000件
オーディエンスあたりのユーザー数
  • ユーザーIDアップロード用のオーディエンス:制限なし
  • メッセージクリックオーディエンス:最小50件
  • メッセージインプレッションオーディエンス:最小50件
メッセージを配信してからリターゲティング用オーディエンス[1]を作成できる期間 最大60日間(5,184,000秒間)

ナローキャストメッセージの使用制限について詳しくは、『Messaging APIリファレンス』の「属性情報やオーディエンスを利用したメッセージ送信の制限事項」を参照してください。


  1. メッセージクリックオーディエンスおよびメッセージインプレッションオーディエンスを指します。 ↩︎